すばらしき「ジャニマンガ」の世界(2)

ジャニーズマンガ必読コレクション【事務所”公認”マンガ編】

※イントロダクションはこちら「すばらしき「ジャニマンガ」の世界(1)」

honmanikanjani.jpg
[Amazonで詳細を見る]

これぞジャニーズマンガの最高傑作
『ほんまに関ジャニ∞』(既刊3巻)
みやうち沙矢/講談社コミックスフレンドB(07年~)/520円~

【ジャニ萌え度……★★★★★】

 現時点において、ジャニーズマンガの完成形ともいえる作品。関ジャニ∞の密着取材をすることになったアイドル嫌いの少女フォトグラファー・亜理。彼女が悩み、奮闘していく姿を通して、メンバーそれぞれの個性を浮き彫りにしていく。メンバーの性格分析、表情やしぐさの描き方などが非常に丁寧で、実際のエピソードもうまく盛り込まれている。

 たとえば、横山裕が左右違う靴を履いていたというおちゃめなエピソードから、錦戸亮がひめゆりの塔に心を痛めたというシリアスなエピソードまで、ファンが喜びそうなツボが満載。もちろん、ファンでなくても一群像劇として楽しめる構成になっており、実在の人物が登場するフィクションとしてはかなり完成度が高い。

 ……とベタ褒めしたいところなんですが、やはりこの形式だと相当な取材量が必要になるのか、だんだん失速している感があり。3巻に至っては、ユーレイ話でひっぱり過ぎ、フィクション部分が多すぎ。1巻が傑作なだけに惜しい!


息子や弟をジャニタレにしよう!!
『どーにかしたい!!』(全6巻)
作画:湖東美朋、原作:エフ/講談社コミックスフレンドB(95〜97年)/398円〜

【ジャニ萌え度……★★★★】

 弟をジャニーズに入れる! と決心した少女のお話。オーディションを受け、ユニットを組み、徐々にコンサートやテレビの出演が決まり……と、いかにしてジャニーズアイドルが誕生するか、順を追って知ることができる。

 レッスンや事務所のウラ側がちょっぴりのぞけたり、実在タレントもたまーに出てきたりするが、あくまでフィクション。息子や弟をジャニーズに入れたい人は、シミュレーションのために読んでもいいかも!?


かぁくんメインで内容イマイチ
『光GENJIに夢中』(全3巻)
麻美理乃/集英社マーガレットコミックスワイド版(89年)/418円

【ジャニ萌え度……★★】

 絵柄からして80年代の浮かれ気分が味わえる、懐かしさいっぱいのマンガ。光GENJIの物語というよりは、光GENJIをモデルにしたキャラによる他愛もないコメディといった感じ。ほとんどかぁくん(諸星和己)中心だし。

 ファン以外の人が読んでどうかといったら、まああんまりおもしろくないでしょう。もっとも当時は光GENJIファンだらけだったので、こんなマンガでも成立したのだろう。突然、実写トシちゃんが出てくるコマに爆笑。


smapnechuu.jpg

単なる告知マンガになんの意味が?
『SMAPに熱中』(未単行本化)
篠瀬木綿子/「マーガレット」(集英社)に連載(89〜90年)

【ジャニ萌え度……★】

 キャラの顔の区別がつかない上に、マンガにする理由があまりない作品。『光GENJIに夢中』の続編ということで安易に作ったのかもしれないが、「ラジオよろしくね!!」とか「舞台がんばりまーす」とか、初々しいSMAPたちがひたすら告知する。ある回なんか、『時間ですよ 平成元年』のビデオを見るという設定で、「ここでおなじみ森光子さんの登場だね」などと画面(イメージイラスト)を解説するだけ。案の定、単行本にはならず。


ミニ光GENJIによる自虐ネタ満載マンガ
『走れ! GENKI学園』(全1巻)
かずはしとも/講談社KCフレンド(88)/420円

【ジャ二萌え度 ……★】

 光GENJIをモデルにした3頭身キャラたちが登場するギャグマンガ。諸星和己のデブネタやバカネタ、山本淳一の身長ネタ、大沢樹生の髪形ネタなど、自虐ネタ多数。似顔絵としてはけっこう似ている。これは本当に事務所公認なのか?と思わず不安になるほどのこの自虐ノリ、おちゃらけ具合は、のちのSMAPにつながる布石と見た。

 それにしても、こういったマンガまで登場するとは、光GENJIってすごいアイドルだったんだなー、としみじみ。


【註】「ジャニ萌え度」は、ジャニーズ事務所、およびタレントの素顔や秘話がどれだけわかるかについて、編集部独自に判断した。マンガタイトル下のデータは、「マンガ著者/出版元(発行年)/価格(税込・ただし、消費税導入以前は当時の価格)」を表すものとする。

⇒次は、ちょっとヤバめな「非公認本」編!

【すばらしき「ジャニマンガ」の世界】
(1)公認本からBL系同人誌まで ファンも賛否両論「ジャニマンガ」の中身
(2)ジャニーズマンガ必読コレクション【事務所”公認”マンガ編】
(3)ジャニーズマンガ必読コレクション【事務所”非公認”マンガ編】
(4)市販本だけで満足するな!! 奥深~いジャニーズ同人誌の世界

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  2. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  3. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  4. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  5. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  6. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  7. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  8. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  9. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  10. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  11. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  12. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  13. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  14. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  17. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  18. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人
  19. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  20. 木村拓哉、“かつてのタブー”大解禁?

ジャニーズの人気記事

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  3. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  4. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  5. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  3. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  4. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  5. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに