すばらしき「ジャニマンガ」の世界(4)

市販本だけで満足するな!! 奥深~いジャニーズ同人誌の世界

bljani.jpg
普通の人はこの記号の意味わかんないよね……

 ネットオークションや通販などでは、なかなか手に入らないジャニーズの同人誌を探し求め、東京・池袋の”乙女ロード”にある専門店へ。「ジャニーズ」と書かれたコーナーがあり、グループ別にたくさんの同人誌が並んでいる。多くの同人誌に「18禁」「P禁」「N禁」「J禁」といった表記がある。


「これらは、作家から読者への禁止事項です。『18禁』は、文字通り18歳未満は禁止の意味。ジャニーズ同人誌の多くにはやおい表現(ホモ行為)が含まれるため、そう明記してあります。『P禁』は”一般ピープル禁止”の意味。男性同性愛を理解しない人がいる場に持ち込むことを禁止しています。『N禁』はネットオークション転売禁止の意味。そして『J禁』は、ジャニーズ事務所の関係者および本人に配布することを禁止するという意味です。もともと芸能系の同人誌は、ファンレターの延長で似顔絵にメッセージを書いてタレントに送っていたことが始まり。ジャニーズの場合、それがだんだんやおいに変化して、本人に見せられないものになってしまったため、J禁という言葉が生まれました」(事情通)

 試しに「潤×智(前者が攻め=タチ、後者が受け=ネコ)」を購入してみた。いきなり、松潤と大野がからんでいる。松潤「気持ちいい?」、大野「んあ、あ……」「痛い」。そして、松潤の×××から××××が! 確かに、ファンによっては反感を買いそう。同人誌は、あくまでひっそりと愉しむものなのである。

『BLゲーム激萌えガイド』

中身検索で、ちょっとだけ……

amazon_associate_logo.jpg

【すばらしき「ジャニマンガ」の世界】
(1)公認本からBL系同人誌まで ファンも賛否両論「ジャニマンガ」の中身
(2)ジャニーズマンガ必読コレクション【事務所”公認”マンガ編】
(3)ジャニーズマンガ必読コレクション【事務所”非公認”マンガ編】
(4)市販本だけで満足するな!! 奥深~いジャニーズ同人誌の世界

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  2. 『カウコン』意外な舞台裏
  3. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  4. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  5. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  6. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  7. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  8. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  9. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  10. 芦田愛菜、テレ東深夜転落
  11. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  12. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  13. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  14. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. キャラ変え好調の乙武洋匡
  17. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  18. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  19. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  20. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?

ジャニーズの人気記事

  1. 『カウコン』意外な舞台裏
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  4. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  5. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. 覚せい剤使用体験の天国と地獄
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー