マンガの世界のような話

元乃木坂46・衛藤美彩を誹謗中傷! 西武・山田遥楓の妻、「8年前のDM」がネット流出か

2022/09/24 12:00
サイゾーウーマン編集部
写真ACより

 西武ライオンズ主将・源田壮亮選手の妻である元乃木坂46・衛藤美彩が、同球団選手の妻からインスタグラムのダイレクトメッセージ(DM)で誹謗中傷を受けていたと、9月22日発売の「週刊文春」(文藝春秋)が報道。

 発売日前日、ウェブで記事の一部が先行公開されると、源田は自身のインスタグラムで、報道を概ね認めるという“異例の対応”を行った。さらには加害者とみられる女性と別の女性が、過去にやりとりしたDMのスクリーンショットがネット上に“流出”するなど、騒動の波紋は広げている。

 記事によると、衛藤のインスタグラムには、かねてより誹謗中傷のDMが届いていたとのこと。複数の匿名アカウントから次々と送られてくる内容には、身の危険を感じるものもあり、裁判所に発信者の情報開示請求を行ったところ、なんと送信者は、同僚である西武・山田遥楓選手の妻だったという。

「同じ球団の仲間といえど、基本的に選手たちはライバル関係にあるため、その妻たちがいがみ合うことは決して珍しくない。選手の妻たちがLINEグループを作り、特定の選手の奥さんを罵るといったことも日常茶飯事なんです。しかし、相手に直接、誹謗中傷のメッセージを送るというのは、これまで聞いたことがありません」(球界関係者)

 前代未聞の事件だが、「報道後に源田選手が取った行動も異例中の異例」(同)だそう。源田選手は自身のインスタグラムで「文春」記事について取り上げ、「事実と異なる内容が多かった」としながらも、「発信者が私たちが想像もしていなかったチームメートの奥様と特定された」と大筋を認めたうえで、「(山田選手とその家族に対し)非難や誹謗中傷をなさらぬようご配慮頂ければ幸いです」と述べた。

「さらに源田選手は、記事内では言及されていない誹謗中傷の内容についても説明。『SNS上の公開されているコメント欄に、球団内部情報や個人情報が約2年間に渡り、晒され続けておりました。私たちの家の住所、妊娠、その他様々な情報などが晒され続けた』と明かし、さらに山田選手が警察の取り調べを受けたことも記しています。通常、現役選手が週刊誌記事に反応する際は、球団の広報を通じての行うのが慣例となっているだけに、この対応は非常に珍しい。それだけ自分の言葉で今回の事件を語りたかったのでしょう」(スポーツ紙記者)

 一方、「文春」報道後、加害者である山田選手の妻にも、異例の事態が起こっているという。とある女性と山田選手の妻とみられる人物が、DMでやりとりする画面のスクリーンショットが、ネット上に大量流出しているのだ。

地平を駈ける獅子を見た 埼玉西武ライオンズ球団歌40周年記念盤
こんなことレディコミでしかないと思ってた
サイゾーウーマンのSNS
  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

元乃木坂46・衛藤美彩を誹謗中傷! 西武・山田遥楓の妻、「8年前のDM」がネット流出かのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 芸能ウラ情報女性タレントのニュースならサイゾーウーマンへ!