うん、知ってた

宮迫博之、牛宮城の値上げを発表! 「半年で潰れるかも」発言に冷ややかな反応も

2022/05/27 15:52
サイゾーウーマン編集部
宮迫博之、牛宮城の値上げを発表! 「半年で潰れるかも」発言には冷ややかな反応も
次はラーメン屋でもやる?(C)サイゾーウーマン

 元雨上がり決死隊・宮迫博之は5月25日、自身がプロデュースを手がける焼肉店「牛宮城」の一部メニューを値上げすると発表。経営が厳しい状況であることも明かしたものの、ネット上には「想定内」「驚かない」といった、冷めた声が上がっている。

 宮迫は25日にYouTubeチャンネルを更新し、「【緊急】牛宮城から重大なご報告があります」という動画をアップ。牛宮城の看板メニューである「極みタン塩」について、「現状で原価7割を超えている」「ヘタをすると(原価)9割いくんじゃないか」と“赤字状態”であることを明かし、6月1日から、現在の1人前2,200円を2,800円に値上げすると発表した。さらに、「宮迫ハラミ」も1人前3,500円から3,800円に値上げし、ほかのメニューも一部価格を上げるという。

「宮迫は動画内で、『現状でもリピートして(牛宮城を)愛してくれてるお客様、たくさんいらっしゃいますので。なんとしてもお店を続けていきたいので、今回の値上げに踏み切らしていただきます』と説明し、『このままでは、本当にホリエモンの予言通りに半年で潰れるかもしれません』とも発言。実業家の“ホリエモン”こと堀江貴文氏は、牛宮城オープン直後の3月5日に自身のTwitterで『あの間取りで80席を最低でも7-8割毎日埋めてくのは大変です。毎日宮迫さんいるなら別だけど。今なら半年後撤退がベストかも』などとつづっており、宮迫はこのツイートが現実になりそうだと危惧しているのでしょう」(芸能ライター)

 この発表を受け、ネット上には「多分、誰もが予想していた展開ですよね。赤字でも驚きません」「やっぱり経営がうまくいってないんだ~って感じ。想定内の出来事」「むしろ、うまくいくと思っているのは宮迫だけだと思う」といった、辛辣な声が続出。宮迫は動画内で「助けてください」と必死に来店を呼び掛けていたが、「オープンして3カ月もたたずに『助けて』って……。この状況は全に失敗でしょう」「客の“善意”に頼ろうとしてる時点でヤバイ」などと指摘されていた。

 そもそも牛宮城は、昨年7月に宮迫が人気YouTuber・ヒカルとの共同出資という形で始動したプロジェクト。しかし、同9月28日にヒカルのチャンネルにアップされた動画内で、メニューの試食をしたヒカルが「こんな焼き肉あり得ない」と味のクオリティが低いと指摘し、ネット上で騒ぎに。宮迫は「お客様に提供できるレベルのものではまったくなかった」とヒカルの指摘を認め、オープン日を「未定」にすると説明した。

 その後、ヒカルは同11月11日に牛宮城プロジェクトからの撤退を発表。これを受け、宮迫は飲食店経営会社・ガネーシャの本田大輝社長や、元大手商社マンでコンサルタントの本間儀彦氏の協力を得て、今年3月1日にオープンまでこぎつけた。ちなみに、ヒカルは現在、牛宮城の「宣伝隊長」として再参画している。

焼肉きんぐ FAN BOOK
これが牛宮城劇場のラストシーンだったりしてね
サイゾーウーマンのSNS
  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

宮迫博之、牛宮城の値上げを発表! 「半年で潰れるかも」発言に冷ややかな反応ものページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 芸能ウラ情報お笑い芸人のニュースならサイゾーウーマンへ!