ちょっと遅いような……

篠原涼子、“元夫”市村正親の話題に事務所が「異様なピリつきムード」!? メディアにNG要請か

2022/03/23 12:00
サイゾーウーマン編集部
『TOKIOカケル』での発言は違和感ありまくりだったもんね(C)サイゾーウーマン

 主演と主題歌を担当したNetflixオリジナルドラマ『金魚妻』や、3月12日に公開された主演映画『ウェディング・ハイ』のプロモーション活動で、近頃テレビ露出を増やしている女優・篠原涼子。

 番組出演では、元夫である市村正親をあっけらかんと「旦那」と呼ぶこともあるが、所属事務所はそうした言動に「異様なピリつきムードを見せている」(テレビ局関係者)ようだ。

 篠原は昨年7月、「残念なご報告」として15年間連れ添った市村との離婚を突如発表した。

「2人の子どもの親権は市村が持つことも明らかとなり、世間を騒然とさせました。そして翌8月、『週刊文春』(文藝春秋)は、篠原が韓国のアイドルグループ・SUPERNOVAのグァンス、また飲食店経営者と『離婚以前から親密な関係になっていた』などと報道。篠原自身は不倫疑惑を否定したものの、グァンスとおそろいのアンクレットを身につけていたことも発覚。篠原は市村からプレゼントされたものだと主張しましたが、『文春』の取材に対して市村は『自分で買ったんでしょ』と回答。双方の言い分は完全に食い違っており、篠原は不倫疑惑を完全に払拭したとは言い難いまま今日に至っています」(スポーツ紙記者)

 そんな中で、2月14日に全世界で配信を開始した篠原の主演ドラマ『金魚姫』は、漫画家・黒澤R氏の同題作品(集英社)を実写化した、“不倫”がテーマの物語。篠原は、夫のDVやモラハラに苦しむ主人公・平賀さくら役を熱演している。

「不倫疑惑が浮上した篠原が不倫妻を演じるということで、配信前からネット上でも大きな注目を集めていましたが、篠原本人はどこ吹く風。今年2月9日にバラエティ番組『TOKIOカケル』(フジテレビ系)に出演した際には、市村を『主人』と呼び、離婚後も交流があることを明かしていました」(同)

 しかし、篠原の所属事務所関係者は、特に市村にを想起させるような話題は、極力報道しないようメディアに要請を行っているのだとか。

恋しさとせつなさと心強さと/篠原涼子 with t.komuro、小室哲哉
『NHK紅白歌合戦』に初出場した曲でもあります
サイゾーウーマンのSNS
  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

篠原涼子、“元夫”市村正親の話題に事務所が「異様なピリつきムード」!? メディアにNG要請かのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 芸能ウラ情報女性タレントのニュースならサイゾーウーマンへ!