なぜ映画化を押し進めてしまった!?

記録的な大コケ映画になる!? 坂口健太郎主演ドラマ『シグナル』、視聴率5%台低迷なのに劇場版公開で暗雲

2021/03/04 21:00
サイゾーウーマン編集部
『シグナル 長期未解決事件捜査班』(フジテレビ系)公式サイトより

 坂口健太郎が2018年に主演した連続ドラマ『シグナル 長期未解決事件捜査班』(フジテレビ系)が、劇場版として4月2日から全国公開されることがわかった。

 同ドラマは、坂口演じる現代を生きる刑事・三枝健人と、北村一輝演じる過去を生きる熱血刑事・大山剛志が謎の無線機によってつながれ、交信しながら未解決事件を解き明かしていくというストーリー。劇場版では、21年の東京を舞台としたオリジナルストーリーが展開されるという。

「坂口は3月2日に都内で行われた同映画の完成報告会で『三枝健人なりのいいアクションが撮れた』と自信を見せつつ、『刑事なので、白黒つけないといけないが、事件が解決してもグレーな部分が残ることも。ちょっと切ないシーンになり、ウルっと来てしまった』『こんなに長い時間「シグナル」という作品に関わることができるとは。感慨深いですし、大変な時代ですが、パワーを感じてもらえれば』と撮影を振り返りながらファンにメッセージを送っていました。『シグナル』は坂口にとって、連続ドラマ初主演となった記念すべき作品でもあるため、人一倍思い入れがあるのでしょう」(芸能ライター)

 坂口や北村のほか、吉瀬美智子や伊原剛志、田中哲司といった実力派俳優が出演する劇場版『シグナル』だが、懸念点もある。

「ドラマ版『シグナル』は初回と最終回こそ視聴率は9%台でしたが、第6話では5.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)まで転落。それ以外の放送回も6~8%台と、低空飛行を続けていたため、劇場版も記録的な大コケになるのではないかと不安視されています。加えて、ドラマ版は今から3年前の作品ですし、作品自体が忘れ去られている可能性も高いでしょう」(同)

 ドラマ版で視聴率が振るわなかったものの劇場版が制作され、やはりヒットとはならなかった作品は過去にいくつかある。

「唐沢寿明と窪田正孝が年の差バディを組んだ連ドラ『THE LAST COP/ラストコップ』(日本テレビ系)は、全話平均視聴率が8.3%とイマイチな結果で、かつ翌年5月に公開された劇場版『LAST COP THE MOVIE』も、大規模公開だったものの、興行通信社による週末の映画ランキングで初登場7位と惨敗。また、16年の向井理主演連ドラ『神の舌を持つ男(略称)』(TBS系)は、単話最高視聴率が6.4%、全話平均5.6%と大爆死。劇場版『RANMARU 神の舌を持つ男』も、ランキング初登場8位、公開2週目にはトップ10圏外という悲惨な結果でした」(同)

 劇場版公開直前の3月30日には、スペシャルドラマが放送される『シグナル』。連ドラ版での失敗を覆して映画のヒットにつなげることはできるのか。

サイゾーウーマン編集部

サイゾーウーマン編集部

芸能・ジャニーズ・美容・暮らし・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト

Twitter:@CyzowomanC

Instagram:@cyzowoman

オンナを刺激するニュースブログ[サイゾーウーマン]

最終更新:2021/03/04 21:00
劇場版シグナル 長期未解決事件捜査班【映画ノベライズ】
『HEAT』の話は一生思い出していくべき

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

記録的な大コケ映画になる!? 坂口健太郎主演ドラマ『シグナル』、視聴率5%台低迷なのに劇場版公開で暗雲のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! テレビ芸能ウラ情報男性タレントのニュースならサイゾーウーマンへ!