“噂の女”神林広恵の女性週刊誌ぶった斬り!【第513回】

手越祐也、会見の裏側で急浮上したジャニーズに代わる後ろ盾「ホリエモン」

2020/06/30 21:00
神林広恵(かんばやし・ひろえ)

前田敦子の別居報道にデジャブ感

 前田敦子と勝地涼の別居を「女性セブン」がスクープしている。記事によると、前田は引っ越したばかりのタワーマンション住まいだが、勝地はその新居から車で20分ほど離れた別のマンションに帰宅。しかも2人の薬指から結婚指輪が消えているというのだ。昨年3月には第一子となる男の子が生まれたばかりなのに。

 その理由について「セブン」によると、妊娠と育児にあったようだ。感情の起伏が激しい前田が妊娠でさらにイライラ。そのため勝地もジムや飲み屋通いを控え、また前田の実母の家近くに引っ越しを提案するなどサポートしていたが、しかし――。前田は『ハケンの品格』(日本テレビ系)に出演し収録も再開、一方の勝地も仕事にのめり込むタイプだ。そしてこんな一文が。

「勝地さんとしては育児に協力しているつもりだけど、あっちゃんからすれば全然足らないというか……」

 これって、デジャブ感満載だと思ってしまった。今年2月から放送されてたドラマ『伝説のお母さん』(NHK)。主演の前田演じるメイは、かつて魔王を封印した史上最強の魔法使い。そしてひとり娘のさっちゃん(0歳8カ月)を抱え、ワンオペ家事育児と戦う毎日。夫のモブはゲームばかりして、オムツを替えるのが苦手で、しかも仕事も辞めてしまうダメ男。そんな中、メイが仕事復帰(魔王退治)することになり、夫との関係をめぐって苦悩する――。育児と仕事の両立や、育児しない夫との間で苦悩する女性の気持ちを、すごくよく表現し、前田の熱演もあり面白いドラマだったが、これって今回の前田の状況とオーバラップするような――。

 ドラマでも夫のモブは、一度は家を出て行ってしまったが、最後はハッピーエンドだった。実生活もそうなるといいのだが。

 コロナ感染拡大の影響で、かつての名作ドラマが再放送され、結構はまっていたが、「女性セブン」では再放送されない名作ドラマとその理由が紹介されている。その作品とは『家なき子』(日本テレビ系)『高校教師』『人間・失格』(ともにTBS系)『1リットルの涙』(フジテレビ系)などだという。理由はいじめや暴力シーンが過激すぎること、レイプシーンがあること、また出演者がその後薬物などで逮捕されていること――。なるほどね。時代背景も大きいのかも。だが、ここに紹介されていない再放送NGの名作が。NHK朝ドラ『あまちゃん』。主演ののん(当時は能年玲奈)に関し、事務所圧力の影響がまだ続いているのだろうが、どうにかしてほしい。

神林広恵(かんばやし・ひろえ)

神林広恵(かんばやし・ひろえ)

伝説のスキャンダル雑誌「噂の真相」(噂の真相)の元デスク。著書に『噂の女』(幻冬舎)、共著に『日本を脅かす! 原発の深い闇』、『木嶋佳苗 法廷証言』(共に宝島SUGOI文庫)などがある。

記事一覧

最終更新:2020/06/30 21:00
ゼロ 一獲千金ゲーム DVD-BOX(DVD)
そっちに行っちゃうの?

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

手越祐也、会見の裏側で急浮上したジャニーズに代わる後ろ盾「ホリエモン」のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! ジャニーズ女性週刊誌ぶった斬り!のニュースならサイゾーウーマンへ!