[女性誌速攻レビュー]「ar」6・7月号

「ar」ワキ汗が許されるのは「キレイな女性」だけ!? 男の勝手な言い分にイラつく「カラダ悩み特集」

2020/06/06 16:00
島本有紀子(しまもと・ゆきこ)
「ar」20202年6・7月号(主婦と生活社)

 新型コロナウイルスの影響で同誌初の合併号となった「ar」(主婦と生活社)6・7月号。その特集は「FOR THE BEST DAY 今のうちにジブンを最高にしておこう」です。

 巻頭には「次にお会いできる時まで、この号をいっぱい楽しんでもらえるよう“最高の自分になるため”のアレコレを詰め込みました。こんな時こそ、まず自分を愛してあげて」とのメッセージ。「ar」の“自分で自分を幸せにする”というポジティブマインドを感じます。

 モデルではなくイラストを使ったり、過去の誌面を引用したり、また、ネットで買えるコスメや服だけを紹介する企画も。混乱の中でも読者に“ベスト”を届けようとしてくれていることが伝わってきます。早速、中身を見ていきましょう!

<トピックス>
◎最高の自分UP UP UP チューニングBOOK
◎心震わす私のカルチャー
◎夏のオンナのカラダと悩みのすべて!!

もはやファッション誌ではなく自己啓発書

 最初に見ていくのは、この時期を乗り越えるための読み物中心の企画「最高の自分UP UP UP チューニングBOOK」です。「本当にいろんなことが起こる毎日だけど、自分の目標や生活リズム、美学を見失わないこと」と説き、おうちでできる「最高の自分にチューニングする方法」を紹介してくれています。

 その中身はファッション&美容雑誌というよりは、ライトな自己啓発書1冊分ほどの充実っぷり。自粛生活で人と気軽に会えない時に、自分の未来や性格について一人で悩むのはNGと警告し、グループ通話やLINEで不安をシェアすることを提案。「ひとりで考え込まず、お家で(ハート)みんなで悩む!」ことを勧めています。ほかにも、“ムリせず当たり前にできていること”こそがその人の持つ才能だとして、「無理に目新しいスペックを自分につけ足そうとはせず、お家でだる~んとしながら今まで自分に投げかけられた言葉を思い出し(中略)『当たり前』に目を向けて」との教えも。

 また、気持ちを切り替える「ジブンUP UP UP チューニング用語10」も紹介。「不安で頭がいっぱい」になったときは、「未来を考えすぎな時。“今”自分が何を感じるかを意識してみよう(ハート)」。「なんでもネガティブに考えちゃう」ときは、「“すべき!”が心にありすぎる時。『~したいかも』から考えてみよう」。など、心が弱っているときには染み入る言葉がたくさん。

 この時期に「ar」世代がどんな不安を抱え、どんな精神状態になっているか、ものすごく分析したうえでの言葉が並んでいるように思え、多くの人に読んでほしいと感じました。

ar(アール)
ただの汗なんだよ、それは

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

「ar」ワキ汗が許されるのは「キレイな女性」だけ!? 男の勝手な言い分にイラつく「カラダ悩み特集」のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 女性誌レビューarのニュースならサイゾーウーマンへ!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ