“中学受験”に見る親と子の姿

中学受験終了後に「死にたい」と葛藤――滑り止め不合格で、本命校を「受けさせなかった」母の自責

2020/02/22 19:00
鳥居りんこ(とりい・りんこ)

 “親子の受験”といわれる中学受験。思春期に差し掛かった子どもと親が二人三脚で挑む受験は、さまざまなすったもんだもあり、一筋縄ではいかないらしい。中学受験から見えてくる親子関係を、『偏差値30からの中学受験シリーズ』(学研)などの著書で知られ、長年中学受験を取材し続けてきた鳥居りんこ氏がつづる。

Taimei07さんによる写真ACからの写真

 今年度の中学受験が滞りなく終了した。毎年、本番前後には、私の元に中学受験生の母たちからお悩み相談が殺到する。もちろん、終了後は多くの人がうれしい報告を寄せてくれるが、中には「死にたい」とまで思い詰める母の便りが届くこともある。

 彼女たちは子どもの受験結果が望むものとは違いすぎて、意気消沈しているのだが、受験というものは、志望校への思いが強ければ強いほど、報われなかったダメージが大きいのだ。

本命校A中学の本番を受けなかった親子

 かつて私に「死にたい」と訴えた麻友さん(仮名)のケースはこうだった。一人息子である純君(仮名)は小学校4年生からの受験勉強を経て、中学受験を経験した。麻友さんも夫も経験者ではなかったこともあり、受験勉強の日々が、こんなにも過酷であるとは思ってもみなかったそうだ。

「この3年間、純には好きな野球も無理矢理やめさせて、受験一辺倒の生活をさせてしまいました。全てはA中学合格のためだったんです。でも……」

 純君は、インフルエンザのために1月受験校を不戦敗。体調は戻ったものの、受験本番の空気を経験できぬまま2月1日からの本番に突入したという。

 結果は次の通りだった。

2月1日午前B中学(偏差値56)不合格/午後C中学(偏差値50)不合格
2月2日午前D中学(偏差値55)不合格
2月3日午前B中学(偏差値58)不合格
2月4日午前E中学(偏差値54)不合格
2月5日午前B中学(偏差値62)不合格
2月6日午前F中学 (偏差値45)合格

 8戦1勝6敗、1不戦敗。

 私は聞いた。「あれ? 本命のA中学は3日が受験日だったよね? 受けなかったの?」と。すると麻友さんは嗚咽しながら、こう繰り返した。

「私のせいです。私のせいなんです。もう、死んでしまいたい……」

カンペキ中学受験 2021 Aeraムック / 雑誌 〔ムック〕
挫折から這い上がった経験はでかい

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

中学受験終了後に「死にたい」と葛藤――滑り止め不合格で、本命校を「受けさせなかった」母の自責のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! “中学受験”に見る親と子の姿のニュースならサイゾーウーマンへ!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ