“中学受験”に見る親と子の姿

中学受験終了後に「死にたい」と葛藤――滑り止め不合格で、本命校を「受けさせなかった」母の自責

2020/02/22 19:00
鳥居りんこ(とりい・りんこ)

F中学で6年間を過ごした純君は――

 あれから早くも6年の歳月が流れた。先日、F中学の校長先生にお会いした際に、純君の話が出た。

「彼は部活も頑張りましたし、学園祭でも実行委員として盛り上げてくれました。本人の努力もあって、推薦で慶應に入りました。りんこさん、あなたとの約束は果たしましたよ(笑)」

 私が麻友さんに渡した走り書きは「校長先生。再生工場、期待してます。純君をよろしくお願いします」というものだったと記憶している。

 私立中高一貫校にはそれぞれ校風があり、それに憧れて受験するのは、とても良いことだ。憧れの学校に入学できたら素晴らしいことだと思う。しかし、哀しいかな、第1志望合格者は、「5人に一人」と言われるほど狭き門なのである。

 思いが届かなかった時、母は責任を感じて「死んでしまいたくなる病」に罹患しやすいのだ。立ち直るには正直、時間薬が必要だが、もし、心のどこかで助けを必要としているのであれば、同じような経験をした元中学受験生の母、あるいは私のように、数多くの事例を知っている人に「(死にたいくらい)つらい」と言ってみよう。

 私はこの20年あまり、「死にたいくらいつらい」という母に、数多くお目にかかってきたが、その経験から言わせてもらうならば「雨が降った方が地は固まる」のである。なぜならば、どの私立中高一貫校も、伊達に存在しているわけではないから。たとえ志望校ではなくとも、縁のあった学校で腐らずに頑張ることにより、子どもの人生は開けると思っている。

鳥居りんこ(とりい・りんこ)

鳥居りんこ(とりい・りんこ)

エッセイスト、教育・子育てアドバイザー、受験カウンセラー、介護アドバイザー。我が子と二人三脚で中学受験に挑んだ実体験をもとにした『偏差値30からの中学受験シリーズ』(学研)などで知られ、長年、中学受験の取材し続けている。その他、子育て、夫婦関係、介護など、特に女性を悩ませる問題について執筆活動を展開。

記事一覧

湘南オバちゃんクラブ

最終更新:2020/03/19 18:39
カンペキ中学受験 2021 Aeraムック / 雑誌 〔ムック〕
挫折から這い上がった経験はでかい

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

中学受験終了後に「死にたい」と葛藤――滑り止め不合格で、本命校を「受けさせなかった」母の自責のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! “中学受験”に見る親と子の姿のニュースならサイゾーウーマンへ!