“噂の女”神林広恵の女性週刊誌ぶった斬り!【第491回】

嵐・櫻井翔、無防備すぎる「婚前旅行」を好意的に報じる女性週刊誌

2020/01/21 21:00
神林広恵(かんばやし・ひろえ)
「女性自身」2月4日号(光文社)

下世話、醜聞、スキャンダル――。長く女性の“欲望”に応えてきた女性週刊誌を、伝説のスキャンダル雑誌「噂の真相」の元デスク神林広恵が、ぶった斬る!

 バラエティー番組『欲望の塊』(東京MX)で優勝賞品の超高級車が出演ホストに届かなかった問題。驚いたのは制作会社が、出演者のホストから150万円もの参加費を取っていたこと。すごいな、ありえん。

第491回(1/16〜1/21発売号より)
1位「櫻井翔 『彼を支えたい』でテレビ局退社&年末上京――同級生恋人『一途愛20年』!」(「女性自身」2月4日号)
同「櫻井翔 交際相手に求める絶対条件」(「週刊女性」2月4日号)
2位「小栗旬 所属事務所の社長就任へ――『俺が芸能界を変える!』」(「女性自身」2月4日号)
3位「二宮和也 妻A子が手を組んだ西島秀俊のあの『プロ妻』」(「女性セブン」1月30日号)

 驚きだった。先週16日発売の「週刊文春」(文藝春秋)が報じた嵐・櫻井翔と慶應大同級生女性との熱愛報道。櫻井が、ベトナム・ダナンに正月旅行に。同行したのは現恋人と見られる慶應大学の同級生で地方局の元社員A子さんだ。しかし衝撃だったのは櫻井の熱愛ではない。この婚前旅行があまりに無防備だったからだ。

 これまでマスコミに対してはかなり厳戒態勢だったはずの櫻井だが、彼女と同じ飛行機に乗り、ホーチミン経由でダナンに。そしてプライベートプール付きのヴィラに泊まったのに、わざわざ人目につきかねない屋外プールやビーチに繰り出し、隣り合ってのビーチチェア! さらに自転車に乗っているツーショットまで撮られていた。いくら海外でも――。嵐の活動休止と二宮和也の結婚で開き直ったのか!? そう感じるほどの無防備さだ。

 さらに“文春砲”とはいえ、警備が厳重なはずの高級ホテルにおいて取材や数々の写真撮影をバッチリと成功させたこと、また、そもそも飛行機やホテルが混雑するこの時期に、取材班がなぜ予約できたのかという疑問から、情報源はA子か? 櫻井本人か? などのうわさまで出ている。とはいえ、この櫻井熱愛、スポーツ紙、ワイドショーはいつものように完全無視で、相変わらずのジャニーズ忖度ぶりを見せたが、そんな中、今週の「週刊女性」と「女性自身」が後追い記事を掲載している。

 まずは「自身」。恋人女性の元同僚によると、A子さんは学生時代から櫻井を慕っており、その交際は12〜13年前からスタート。しかし大阪と東京の人事異動を繰り返したA子さんとの関係は「ついたり離れたり」だったという。

 その間、櫻井は小川彩香や女子大生との交際が報じられる。そして、これらとの破局が報じられた後の昨年9月、A子さんはテレビ局を退社した。記事には嵐の休止や周囲の結婚を目の当たりにした櫻井が「20年来の仲で、彼のことを常に気にかけてくれるA子さんを改めて“大切な女性”だと気付いたのでしょう」とある。確かに“元サヤ彼女”だ。

 そして「週女」では、これまでの櫻井の女性遍歴から交際女性たちが、みな高学歴で美人など、ハイスペックな女性であり、また櫻井の過去の発言から交際相手の条件として「何でもいいから、『ここは、彼女にかなわないな』という部分を感じられる人」だと紹介、今回のA子さんがその条件に合致していることを記している。

 まあ2誌とも櫻井の熱愛を好意的に紹介しているが、気になるのはこの熱愛発覚が嵐メンバー間にどんな波紋を呼ぶのかだ。周知の通り、昨年の二宮結婚で、不協和音が生じている嵐。特に松本潤が激怒していると伝えられるが、その反応は!? もちろん“鬼畜二股”の松潤に何か言われる筋合いはない。しかし熱愛に対してはシラを切る戦法を取り続ける松潤が、この時期に無防備にも熱愛が発覚してしまった櫻井にどう反応するのか。今後の嵐メンバー間の関係、そして今後の動向に注目したい。

ARASHI LIVE TOUR 2017-2018 「untitled」(通常盤 Blu-ray)【Blu-ray】

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

嵐・櫻井翔、無防備すぎる「婚前旅行」を好意的に報じる女性週刊誌のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 女性週刊誌ぶった斬り!のニュースならサイゾーウーマンへ!