女のための有名人深読み週報

『おぎやはぎの「ブス」テレビ』に考える、「不美人」があざけられることのおかしさ

『おぎやはぎの「ブス」テレビ』(Abema TV)公式サイトより

羨望、嫉妬、嫌悪、共感、慈愛――私たちの心のどこかを刺激する人気芸能人たち。ライター・仁科友里が、そんな有名人の発言にくすぐられる“女心の深層”を暴きます

<今回の有名人>
「ムカつくかもしれないけど、考え方としては正しいよ」おぎやはぎ
『おぎやはぎの「ブス」テレビ』(Abema TV、9月9日)

 テレビ朝日は、ブスネタが好きなのだろうか。

 『お願い!ランキング』(テレビ朝日系)には、「自称美人」のタレントを、メイプル超合金のカズレーザーと相席スタートの山崎ケイが「美人かブスか」をジャッジするコーナーがある。美貌でカネが稼げるレベルだと判断されたからこそ芸能人になれるわけで、常識で言えば、美人に決まっている。しかし、カズレーザーの判定は、たいてい「ブス」である。

 その理由は、「タレントとしてオリジナリティーがない」というように、内面について触れたものが多い。タレントとしての欠陥が、なぜ容姿を貶める「ブス」という言葉に変換されるのか私には理解できないが、「ブス」と言われて全力でがっかりする女性タレントと、スタジオから巻き起こる笑い声というのは、テレビ映えすると、テレビ朝日は考えているのか。

 サイバーエージェントとテレビ朝日が出資して設立されたインターネットテレビ局Abema TV。テレビ朝日と関係のあるここも、ブスがお好きなようである。『おぎやはぎの「ブス」テレビ』では、芸人おぎやはぎと、芸人や舞台女優など「自称ブス」が集ってトークをする。9日放送回では、「ブスはいくらで脱いじゃうのか?」というタイトルで、「出演者がヌード企画を持ちかけられたら、脱ぐのか脱がないのか、脱ぐならいくらになるのか」を隠し撮りしていた。おぎやはぎは、脱ぐことを躊躇したり、3万円という値段を掲げたブスを安価だと笑い、一方で「脱ぐことでいろいろなリスクを背負うかもしれないから、60歳くらいまでの生活費として1億欲しい」と言ったブスには、「ムカつくかもしれないけど、考え方としては正しいよ」とブスを笑う。安くても高くても、笑う。結局、ただ単にブスを笑いたいだけではないだろうか。

 美しさは生まれつきの部分が大きいことから考えると、才能の一つと見ていいだろう。天賦の才が与えられたという意味では、美人もオリンピック選手も一緒である。

 しかし、美人とオリンピック選手が決定的に違う部分もある。例えば、オリンピックに出られないが、マラソンを趣味として楽しんでいる人や、「マラソンなんてとんでもない、大の苦手だ」という人がいたとしても、その人が「おまえなんて、オリンピックに出られないくせに」と日常生活でそしられたり、笑われることは、まずないだろう。

 しかし、美については、それでお金を稼ぐレベルでない人や、不美人が、才能がないとして笑われてあざけられるという、「逆オリンピック」――才能がないことをジャッジされる大会が堂々と開催されるのである。『「ブス」テレビ』は、その代表例と言っていいだろう。

おぎやはぎ/他/大人のコンソメ
これを「とがってる」と解釈しているのかな?

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

『おぎやはぎの「ブス」テレビ』に考える、「不美人」があざけられることのおかしさのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 女のための有名人深読み週報のニュースならサイゾーウーマンへ!