wezzy

渋谷すばるの「Mステ出演」はあり得るのか ジャニーズ円満退社なら関ジャニと共演も?

2019/08/17 20:00
サイゾーウーマン編集部(@cyzowoman

 元関ジャニ∞の渋谷すばるが、本格的にソロアーティストとしての活動をスタートさせた。渋谷すばるは昨年末にジャニーズを“円満退社”したとみられており、渋谷のソロでの活躍に多くのファンが期待を寄せている。

 渋谷すばるは15日、今年10月9日、全12曲の作詞作曲編曲を手掛けた初のソロアルバム「二歳」を発売することを発表。渋谷は公式サイトで「今の自分に出来る全てを詰め込みました。渋谷すばるの今を、楽しんで頂ければ嬉しいです。宜しくお願い致します」とコメントをしている。

 16日には公式Twitter、Instagram、YouTubeチャンネルを開設。Twitterのフォロワーはすでに12万を超えており、渋谷の活動再開を祝うファンからの”おかえり”コメントが殺到している。

 渋谷すばるは今年4月、大手外資系レコード会社ワーナーミュージック・ジャパンの全面バックアップの元で個人レーベル「World art」を立ち上げたことを公式サイトで報告していた。ジャニーズ事務所の退所からわずか4カ月という異例のスピードでソロデビューが決定――そしてそれが実現したことに、ファンからは喜びはもちろん、驚きの声も上がった。

 驚かれた理由は、ジャニーズ事務所を退所したタレントは芸能界を”干される”という公然の秘密があるためだ。

 しかし渋谷すばるには優秀なブレーンがついており、干される心配はない、と今年5月発売の「週刊文春」(文藝春秋)が伝えている。それによれば、渋谷の独立を支えた敏腕プロデューサーは大手レコード会社を渡り歩いてきた人物で、<ワーナーと関係が深いジャニーズ幹部を通じて、仁義を切った>という。渋谷本人も、ソロデビューを報告した文章では<ジャニーズへの感謝と、揺るぎない誇り>などと殊勝なコメントをしており、角が立たぬよう注意を払っていることが見て取れる。

 では、渋谷すばるはソロアーティストとして、ジャニーズ事務所と蜜月関係にある地上波テレビの音楽番組に登場するのだろうか。夏のはじまりや年末に欠かせない大型音楽番組に出演し、古巣ジャニーズの面々と共演するだろうか?

関ジャニ∞と渋谷すばるが音楽番組で共演する可能性は
 その答えは今のところ「NO」だろう。たとえば元KAT-TUNの赤西仁は2014年にジャニーズを退所、現在はソロアーティストとして世界を股に掛けた活躍しているが、地上波の音楽番組にはいっさい出演していない。

[wezzy_blogcard 67797]

 今年7月に亡くなったジャニー喜多川氏に代わって新社長に就任した姪の藤島ジュリー景子氏、その母で副社長のメリー喜多川氏は、タレントの独立が相次げば事務所が立ち行かなくなるため、よりシビアな対応を取っていく方針であるという。とくに独立に厳しいメリー氏の目が黒いうちは、渋谷が音楽番組に出演できるとは想像し難い。

 一方で、ジャニーズを取り巻く状況は刻々と変わりつつある。

 ジャニー喜多川氏の死後、ジャニーズ事務所は元SMAPの稲垣吾郎、香取慎吾、草なぎ剛を起用しないよう民放テレビ局などに対して”圧力”をかけている疑いがあるとして、公正取引委員会から注意を受けた。ジャニーズの権力がついに世間に露呈したわけだが、健全化への動きは渋谷のソロ活動にとっても追い風になるのかもしれない。

 また、今年1月に子会社「株式会社ジャニーズ・アイランド」の代表取締役社長に就任した滝沢秀明は、Jr.のライブ動画配信に乗り出し、これまでネットに疎かったジャニーズのプロモーション戦略に新風を吹き込んでいる。滝沢の先進的な判断によっては、ソロに転向した元タレントへの”圧力”を緩める――たとえば、渋谷すばると関ジャニが歌番組で共演するようなことが実現すれば、まさに滝沢革命といえるだろう。

 ただ関ジャニ自体、今年9月をもって錦戸亮が脱退するという説や、それに伴うグループ解散の噂が浮上しており、グループの体制が盤石とは言えないが……。

最終更新:2019/08/17 20:00

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

渋谷すばるの「Mステ出演」はあり得るのか ジャニーズ円満退社なら関ジャニと共演も?のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! のニュースならサイゾーウーマンへ!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ