高橋ユキ【悪女の履歴書】

「私は彼の奥様だから」堅実な銀行OLが2億円貢いだ“結婚”という甘言【足利銀行2億円横領事件・後編】

2019/07/07 19:00
高橋ユキ

「あと5ヶ月で結婚できる」「私は彼の奥様」と貢ぎ続ける

「48年10月15日 月曜日
 久しぶりに電話があった。彼から電話がかかってきた日にはカレンダーの日付に丸印をつけることが習慣になった。12日ぶりにつける丸印だ。今日は石村さんの運転で長野川の堤防までドライブに出た。ロイヤル山荘で休憩。彼に言われてしたことだけど、悪い事は悪いことだ。係長さんに名前を呼ばれると体がすくんじゃうほど怖い。でも彼の汗の匂いを嗅いでいる時だけは、本当に身も心も落ち着く。石村さんから離れられなくなってしまった。彼の仕事がうまくいけば早くお金を返してもらって銀行に返しておこう。あと5ヶ月で結婚できる」(章子の日記)

「49年1月25日 金曜日
 モーテルオランダにて休憩。
 彼と初めて会ってから今月でちょうど半年になった。会社の方が順調に進んでいないらしく、今日もお金を工面するよう頼まれてしまった。怖いから、もう勘弁してもらおうと思っていても、彼に頭を下げられると断れなくなってしまう。もうちょっとで、会社のほうもうまくいくと言う彼の言葉を信じよう。正式にはまだ彼の籍には入っていないけど、私は彼の奥様なんだから。彼の嵐のような激しい愛撫のほてりが、まだ体の心に残っている。」(同)

 年が明けた49年、桜が咲き始める頃には結婚できると思っていた章子。心はすでに“奥様”となり、心身ともに安田に酔っていた。だが、安田はまだ国際秘密警察という偽の立場を利用し、結婚を先延ばしにしながら、セックスと甘い言葉で手懐けた章子に、金の無心を続けた。元来、真面目な性格だった章子は、罪悪感と恐怖心に襲われながらも、銀行から金を引き出すことがどうしてもやめられなかった。

「49年12月24日 火曜日
 今日はクリスマスイブだった。トナカイのソリに乗ったサンタクロースは私のところには来なかった。どうしても拒めず、今日も彼と一緒にモーテル花園に入ってしまった。
 彼から電話でお金を作ってくるようにと言われた時、いちどは断った。だけど『ここまで来てしまったら、後には引けないだろう』と、彼に強引に押し切られてしまった。もうどうにもならない歪みにはまり込んでしまっている。お母さん、怖いの。助けて。」

 彼女の日記はこれ以降、空白が多くなり、たまに書かれているのも数字だけになる。最後に記載があったのは、50年7月11日。「500万円」のメモが最後だった。2年前の8月に出会ってから、この日に金を渡すまで、章子は安田と62回のデートを重ねた。そのうち54回、総額2億1190万円を貢いだ。

 勤め先の足利銀行栃木支店から不正に金を引き出したという横領の罪で栃木県警に逮捕されたのは、最後のメモから11日後の同年7月21日のことだった。夢見た結婚は叶わず、冷房のない県警の取調室で追及を受けながら、彼女は章子は「あの人が、必ずわたしも助けにきてくれる」と信じていた。

 その安田は章子の逮捕前日、当時すでに捜査の手が伸びていた章子にさらなる金の無心をし、ボウリング場「ニュー栃木ボウル」に来るように伝えていた。だが待ち合わせ場所に車で現れた安田は、捜査陣の張り込みに気づき、車を降りることなく急発進させ、時速120キロの猛スピードで逃走。愛人との逃亡を続けていた。

 安田は章子から奪い取った金で、複数の愛人を囲う生活を送っていたのだ。その事実を知った章子に、男への憎しみが生まれたのは自然なことだろう。

昭和の結婚
21歳でそこまで結婚に追い詰められる時代って……

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連キーワード

「私は彼の奥様だから」堅実な銀行OLが2億円貢いだ“結婚”という甘言【足利銀行2億円横領事件・後編】のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 悪女の履歴書のニュースならサイゾーウーマンへ!

COSME JOURNAL