【ジャニーズJr.チャンネル便り】

Travis Japan・吉澤に覗く“Jr.の挟持”、美 少年・岩崎に「ズルい」「セコい」の声【ジャニーズJr.チャンネル】

 ジャニーズ事務所が動画配信サイト・YouTubeに開設した「ジャニーズJr.チャンネル」。現在、Snow Man(水曜)Travis Japan(木曜)SixTONES(金曜)東京B少年(土曜)HiHi Jets(日曜)がオリジナル動画を投稿中だが、その出来ばえは実にさまざま。そこで、「しょせんジャニオタ向け」と切り捨てるにはもったいない動画と、「ジャニオタでもしんどい」動画をジャニーズウォッチャー・中村チズ子が解説&ツッコミ! 今回は、6月6日~12日公開の動画をチェックします!

Travis Japan・吉澤、Jr.としての矜持を熱弁

 6日の動画は「Travis Japan【AUSTIN MAHONE】ダンスリハーサル大公開!」(再生回数は14日時点で26万台)。Travis Japanは、10月14日に神奈川県・横浜アリーナで行われるオースティン・マホーンの来日公演にスペシャルゲストとして出演が決定。その本番に向け、オースティンと一緒にリハーサルを行った模様を配信している。そもそも、Travis Japanの始動は2012年。当時のメンバーは9人で、グループ名はマイケル・ジャクソンの振付師だったトラヴィス・ペインに由来するが、現在の7人(川島如恵留・七五三掛龍也・中村海人・松倉海斗・松田元太・宮近海斗・吉澤閑也)になってからも、ハイクオリティなダンスを披露している。

 一方で今回のライブは、オースティンが日本でコラボレーションするアーティストを探していた際、彼の振付師であるジョシュ・スミスがトラヴィスを通じてTravis Japanにオファーしたとか。Travis Japanがゲスト参加する形とあって、動きやフォーメーションの確認は基本的に英語で行われており、リハーサルは傍目にも緊張感が漂っている。一部メンバーはトラヴィスの指導を経験しているとはいえ、いつもと違う不慣れな環境でのレッスンは、精神的負担もあるとみられる。しかし、必死に食らいつく姿や、7人が流す汗は美しく、オースティンも「彼らが素晴らしいダンサーだとは知っていたが、自分自身の目でダンスを確認したら、想像以上に素晴らしくてぶっ飛んだよ! アメリカのダンサーたちにも広めておきたい。彼らはこのまま成長し、世の中にもっと出ていくだろう!」と、絶賛していた。

 川島は「普通の舞台とか、ライブのリハーサルの時って、結構自分たちのタイミングで休憩させてもらったりとかしてたんだけど。振付師さんが引っ張ってくれるから、『休憩する前にもう1回やろう』『休憩する前にもう1曲やろう』みたいな。それがね、なかなかない経験だし。スゴいストイックでね、スゴい面白いんだよね」と、手応えを感じている様子。充実の表情を浮かべる七五三掛からも、「いやぁ~……初めてですね、こんなに難しいのは。でも、ずっとTravisで、こういうのもやりたかったし。夢が叶ったっていうわけではないけど、スゴく今、楽しい時間」と、前向きな言葉が飛び出した。

 Jr.のダンス練習とは状況が異なるものの、「やっぱ(リズムの)取り方とか、体の使い方が全く違うから。いろいろ吸収できるものがたぶんあるから、そこは吸収して勉強して、今後に役立てばなって」(吉澤)「リズムとか、“そこで取ってんだ”とか。パワープレーとか、エナジーで踊る感じ。アメリカンな。追いつきたい、もっと! 頑張ります」(松田)と、貪欲さをのぞかせる2人。こうして、普通ならばコンサートや舞台のDVDに収録される特典映像で見られるような貴重な場面が続いていく中、3分48秒~4分41秒頃はオースティンがメインのシーンに。お笑い芸人・ブルゾンちえみがネタで使用した「Dirty Work」が流れ、オースティンがほぼアップという、「Jr.チャンネル」には珍しい展開となっていた。

 その後、宮近は「オースティンが主役のライブで、一緒に盛り上げる。やっぱいつもYouTubeで見せてるTravis Japanじゃないので。ちょっとアーティスト風? みたいのを背負ってるというか。ちょっとなびかせちゃってもいいのかなって」と、自分の世界に入り込みながら意気込みを語る。この間、黒いタオルを頭に巻いている松倉は宮近の背後でカメラを意識。「完璧だよ」と突然話しかけ、「誰?」(宮近)「農家で働いています、タケダです」(松倉)「何の農家ですか?」(宮近)「……ごぼう」(松倉)と、会話を楽しむ余裕も。合間の待ち時間は“オースティンと目が合っちゃうとその魅力で倒れちゃうゲーム”で、オースティンとTravis Japanがふざけ合う一幕もあった。

 さらに、7分頃は“農家のタケダさん”から素に戻った松倉が「今までにたぶん見たことがないようなパッションとかエナジーとかを出していると思うので。だからそういうの楽しみに、また新鮮なTravis Japanを楽しみに見てくれたら」と、真面目にメッセージ。どのメンバーの発言もポジティブで、向上心の高さがあふれていたが、中でも筆者が特にグッと来たのは、吉澤と中村のコメントだ。吉澤は「どんな人のバックでも対応できるっていうか。(それが)やっぱりジャニーズJr.だから。“いろんな人の後ろで踊れるんだぞ”っていうところを見せたいし。そういうところを見て、もっと好きになってほしいなぁって思います」と述べ、“Jr.としての誇り”があるからこその思いに、なんだか胸が熱くなった。

 中村は「いっぱい勉強してくるように。俺らのコンサートじゃないし、俺らは一緒に(観客を)盛り上げる側だから。一緒に楽しめるようにして来てほしい。絶対(ほかでは)味わえないコンサートだと思うから。楽しんでほしい、とりあえず」と、ファンに呼びかけていた。宮近も言っていた通り、あくまで主役はオースティンで、Travis Japanは“ゲストのバックダンサー”。その立場をわきまえている中村は、自分たちのファンにもオースティンや彼のファンに敬意を表してほしいと、願っているのだろう。本番のステージの成功に期待したい。

LOVE!ジャニーズ新世代 J批評★Hey!Say!JUMPからKing & Princeまで次に“来る”のは誰だ!?
閑也とうみんちゅから覚悟が聞けてよかった……!

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

Travis Japan・吉澤に覗く“Jr.の挟持”、美 少年・岩崎に「ズルい」「セコい」の声【ジャニーズJr.チャンネル】のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! ジャニーズジャニーズJr.美 少年のニュースならサイゾーウーマンへ!