「元極妻」芳子姐さんのつぶやき40

元極妻が考える「指名手配」——捕まらなかった逃亡犯の哀しい末路

沖縄県警察ウェブサイトより

今は亡き某指定組織の三次団体幹部の妻だった、待田芳子姐さんが語る極妻の暮らし、ヤクザの実態――。

■28年の逃亡の末に死亡と判断

 少し前の11月23日、28年前の事件について「容疑者死亡」のまま書類送検される見込みだと報道されました。1990年11月に沖縄市内で警察官2名が射殺され、居合わせた主婦も流れ弾で重傷を負った事件です。実行犯2人は三代目旭琉会の組員で、うち1人は殺人容疑で逮捕されて現在も服役しています。この実行犯によると、警察官を撃ったのは「抗争相手と間違えた」からだそうです。

 今回は、指名手配されていたもう1人の実行犯とされる又吉建男さんが、28年の逃亡の末に死亡と判断されることになりました。生きていれば69歳。私が言うのもアレですが、ほんとヤクザはつらいですね。

 事件当時の沖縄は、「沖縄旭琉会」と「三代目旭琉会」による壮絶な内部抗争の真っ最中でした。本土復帰直前の70年に発足した「沖縄連合旭琉会」が90年に分裂、92年にかけて対立抗争が続いていたのです。この一連の抗争で、警察官のほか高校生を含む計7名が射殺され、13名が負傷する事態となっていました。

 また、この事件は射殺された警察官のご遺族が、三代目旭琉会の幹部に対して損害賠償請求を起こしたことでも知られています。当時はまだ「使用者責任」ではなく「共同不法行為」でしたが、「元祖・使用者責任事件」といわれています。会の幹部に総額約1億3800万円の支払いが命じられていました。ちなみに、今後は事件を風化させないために、慰霊碑も作られるそうです。

 「死亡」とされた又吉さんについては、以前から死亡説があったのですが、事件は「平成のうちに」一応の決着となりました。

 又吉さんの指名手配ポスターは、約30年にわたって警察署前などに貼られていたので、ご覧になったことのある方も多いと思います。「両肩に花のいれずみ」とあったのが、不良の間ではちょっと話題でした。「『花』って……ザツすぎ」とか「牡丹とか蓮とか具体的に書くべきよね」とか、私なども警察のセンスに苦笑したものです。

極姐2.0: ダンナの真珠は痛いだけ
偽名の男と暮らした女性が気になる

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連キーワード

元極妻が考える「指名手配」——捕まらなかった逃亡犯の哀しい末路のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 元極妻・芳子姐さんのつぶやきヤクザのニュースならサイゾーウーマンへ!