「iroha」が、タブー視される女性の「性」をほどく4週間 大阪・大丸梅田店で12月25日まで

女性向けセルフプレジャーアイテムブランド「iroha」が、11月21日~12月25日まで大阪・大丸梅田店にてポップアップストアを出店しています。

 今年8月の初開催に続き、第2弾となる今回のテーマは「夫婦愛」。百貨店という明るくオープンな空間で高らかに「性」を謳う「iroha」ポップアップストア、その様子をレポートします。

「セルフプレジャーアイテムは初めて」の女性も、周囲の視線を気にせずにじっくり選べる店内
 大阪・大丸梅田店の5階は、「うふふガールズ」と名づけられた若年女性向けファッションフロア。多くの女性たちがホリデーシーズンに向けた買い物を楽しむなか、ひときわ華やぐ一角を発見しました。

(左)ピンクの暖簾の先は女性限定なので安心。周囲の目を気にせずゆっくりできるよう、木の格子で顔が隠れるような店舗デザインの工夫も。 こちらが、「iroha」のポップアップストアです。向かって左、ピンクの暖簾の中は女性限定コーナー。周りの目を気にせずにじっくりと選べるように、居心地の良い空間になっています。向かって右は、パートナーといっしょに立ち寄れるカップルコーナー。こちらは男性のみの来店もOKです。

 暖簾の向こう側には、形も色も、もちろん性能もさまざまな「iroha」シリーズがラインナップされていました。これら全てが、女性用セルフプレジャーアイテムです。見た目もかわいらしく、ひと目には性的な意図で使うアイテムとは分かりません。

「iroha」シリーズがズラリ。触ってみると、プニプニしてて気持ち良い! これだけで癒し効果もあるかも……? 店内では、買い物ついでにひとりで訪れたお客さんがじっくりと、または友達同士のお客さんがワイワイはしゃぎながら商品を吟味していました。

 そこで、商品を物色していた2人連れの女性客(30代)に、お話を伺ってみました。友人に連れて来られたという女性は、「これまでセルフプレジャーアイテムを使ったことがなかった」と言いつつ、「イメージがガラリと変わりました! もっと、プラスチックみたいな無機質なものを想像していたのですが、触ってみたらすごく柔らかくて気持ちいい(笑)。見た目も全然いやらしい感じがなくて、むしろかわいいですね」と好印象。さらに、「いい買い物ができました!」と、初購入に至った商品を自慢げに見せてくれました。

 もうひとりの女性は、「iroha」が気になってバラエティショップに足を運んだことがあるというものの、「ほかのお店では、男性の目が気になって手に取りづらかったんです。ここはファッションフロアにあって、お店の雰囲気も入りやすくて良かったです」と言います。

 TENGA広報の西野芙美さんは、「現在、irohaの約8割はネットショップからの購入ですが、商品の質感や大きさが分からないため、ためらわれるお客さまも多かったようです。実店舗という試みでは安心感を持って選んでいただけるように、お客さまの悩みや希望をスタッフがヒアリングしつつ、商品を丁寧に説明しています」と話します。

 スタッフによる説明は、20~30分ほど及ぶことも。「自分には、どれが合っているか分からない」という女性にも、じっくり耳を傾けるスタッフの姿勢が印象的でした。さらに西野さんによれば、「お客さまとスタッフが、セックスの話で盛り上がることもしばしば。普段は話しづらいようなことも、この空間ではフラットに話していただけるのかも知れません」とのことです。

多くのお客さんが商品を吟味している店内。じっくりと選んだり、フラリと立ち寄ってみたり、さまざまです。 21日の出店初日には、80代の女性が「娘へのプレゼントを探しに来た」と来店。さらに、スタッフと話しているうちに「私にも使えるかしら?」と、自分用の商品も購入して帰ったという素敵なエピソードも。ここでは、20~80代という幅広い年齢の女性が、「性」を存分に楽しんでいます。

 今年8月に大丸梅田店に初出店した時は、たった2週間という短い期間に1500人以上が来店。目標の3倍以上となる約400万円を売り上げ、大盛況のうちに幕を閉じました。西野さんは、百貨店への出店は、初めは不安も多かったこと振り返りながらも、「前回の成功によって、大阪に「iroha」の存在が受け入れられつつあるという手応えを感じています」と、嬉しそうに語ってくれました。

カップルで来店も多数!「iroha」はコミュニケーションツールとしてもお役立ち
 さらに今回は、パートナーといっしょに商品を選べるように、新たにカップルコーナーを設けました。こちらには、女性向けの「iroha」シリーズのほかに、男性向けTENGAグッズも並んでいます。

 「カップルでの来店は2割ほど。セックスレスに悩む夫婦が増加しているなかで、「iroha」は女性がリラックスするためだけでなく、パートナーとのコミュニケーションに役立てることを提案しています」(西野さん)

カップルコーナーには、TENGAパンツも発見!! そこで実際に、カップルコーナーに来店していたご夫婦(70代)にお話を聞いてみました。

 奥様は、「TENGAのことは星野源さんのラジオで知っていたけど、どこに売っているのかな? と思っていたの。大丸さんにお店を出すってネットニュースで知って、さっそく来ました」と、初めて触れるというセルフプレジャーアイテムに興味津々のようす。

 一方で、旦那さんは、「誘われて一緒に来てみました。これで、俺が先に逝っても大丈夫や(笑)」と、冗談混じりで話してくれたのが印象的。さすが大阪です。

リップスティック型の「iroha stick」は、セルフプレジャーグッズ初心者の方にもオススメです。 また、もう一組のカップル(20代)に話を聞いてみたところ、こちらは彼氏さんが誘ったとのこと。彼女さんは、「アダルトグッズのお店って入りづらかったけど、ここなら私も入りやすいし、彼氏といっしょに選べてめっちゃ楽しいです!」と話してくれました。

 西野さんによれば、時期柄、互いのクリスマスプレゼントを選びに来るカップルもちらほら見られるとのこと。この日は、1時間に5組ものご夫婦やカップルがご来店。ふたりであれこれ言いながら「iroha」を選んでいる姿はほほえましく、どのご夫婦やカップルも、対等な関係性を築いていることを感じました。

「iroha」が、百貨店という目抜き通りに進出することの意味
 多くのお客さんと出会った「iroha」ポップアップストアでしたが、西野さんは、「女性には、性的な話をしてはいけない、欲求を隠さなければならないという固定観念が、まだまだ根強くあることを感じています」と、言います。

お話を伺ったTENGA広報の西野さん。 たしかに世間には、「女が性的な話をすること」をいまだにタブー視する向きがあることは、女性であれば誰もが感じていることでしょう。気心の知れた友達にさえ性的な話は控えたり、罪悪感さえ感じてしまう女性もいます。多くの女性にとって、性はまだまだ「閉じられたもの」であることは事実です。

 それゆえに、「iroha」が百貨店という目抜き通りに進出することは、女性の「性」を肯定し、励ましてくれるーーー「私たちは、性を楽しんでいいんだ!」と、自信を持つきっかけになる。そして、女性が性の悦びを享受することは、夫婦やカップルの関係をより親密で心地良いものにするのです。

 洋服やコスメを買いに来たついでに、セルフプレジャーグッズも試してみよう! そんな明るいノリで「iroha」を手に取り、いきいきとする女性たちを眺めていたらーーーわたしたちの「性」が少しだけほどかれた、その瞬間を目の当たりにしたような気分になりました。

●「iroha」ポップアップストア
場所:大丸梅田店5階(大阪市北区梅田3-1-1)
日時:2018年11月21日(水)~12月25日(火)
営業時間:[日〜木]10時〜20時30分 [金・土]10時〜21時

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

「iroha」が、タブー視される女性の「性」をほどく4週間 大阪・大丸梅田店で12月25日までのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! のニュースならサイゾーウーマンへ!