北川景子「裁判するわよ!」のキメゼリフでシリーズ化も狙えるテレ朝弁護士ドラマ

 今年で女優デビュー15周年の北川景子(32)が、9月23日放送のスペシャルドラマ『指定弁護士』(テレビ朝日系)で初の弁護士役に挑戦する。10月スタートの米倉涼子(43)主演の連続ドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』(テレビ朝日系)と合わせて注目を集めている。

 “指定弁護士”とは検察が不起訴にした容疑者を、検察審査会が2回続けて「起訴すべき」と判断した場合に検察官役として指定される弁護士のこと。ドラマで指定弁護士・一ツ木唯(ひとつぎ・ゆい)を演じる北川景子は、弁護士役について「撮影に入る前に、実際の裁判の映像や裁判をテーマにした作品などを見て準備をしました。ただ指定弁護士に関する資料はすごく少なかったので、それについては監修の先生とお話をさせていただきましたね」とコメント。同作には北川景子が「裁判するわよ!」と力強く宣言するキメのシーンもあり、いかにもテレ朝らしい。

 同じく弁護士ものドラマとして同局の期待を背負っているのは、新ドラマ『リーガルV』だ。同作は、スキャンダラスな元弁護士を中心とした新感覚のリーガルドラマ。主人公の小鳥遊翔子(たかなし・しょうこ)を米倉涼子が演じる。彼女はペーパー弁護士に法律事務所を開かせ、ワケありの弁護士やパラリーガル(法律事務職員)をスカウト。彼らをコキ使いながら、どんなに不利な訴訟でも勝利(“V”ictory)を掴むために突き進んでいくという。

 『リーガルV』が放送されるのは、「私、失敗しないので」のキメ台詞でお馴染みの大ヒット作、ドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)と同じ木曜21時枠。『ドクターX』の枠に米倉涼子が帰ってくるということで期待が高まっているが、「ドクターXと設定がほぼ同じ」ことが吉と出るか凶と出るか。
 
 同2作は主演だけでなく、脇を固める俳優陣も安定感抜群だ。『指定弁護士』は北村一輝(49)、羽田美智子(49)、生瀬勝久(57)、松重豊(55)、正名僕蔵(48)、石橋蓮司(77)、中村梅雀(62)ら重厚感ある面々が出演。一方の『リーガルV』には高橋英樹(74)、安達祐実(37)、林遣都(27)、勝村政信(55)、向井理(36)、小日向文世(64)らが出演する。検察を描いたドラマ『HERO』(フジテレビ系)シリーズのメインキャストが、5人出演しているのも面白いポイントだ。

 『指定弁護士』の放送を前に北川景子は、「特に普段何かに頑張っている方に見てもらってスッキリしていただけたらうれしいです。そしていつかシリーズになったらうれしいですね」と語っている。おそらく単発の視聴率次第では「いつか」といわず来年にもシリーズ化しそうだ。

(ボンゾ)

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

北川景子「裁判するわよ!」のキメゼリフでシリーズ化も狙えるテレ朝弁護士ドラマのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! のニュースならサイゾーウーマンへ!