舞台降板騒動の満島ひかり、新婚の宮崎あおいも 芸能プロ“独立・移籍トラブル”と、芸能界の落としどころ

 歌手・広瀬香美の独立騒動に続き、つい先日独立したばかりの女優・満島ひかりのクドカン舞台“降板騒動”をスポーツニッポンが報じた。芸能マネージャーが芸能ニュースの裏側をちょっぴり教えちゃう本連載。続いてお送りする第2回も、前回に続き、所属プロダクションからの移籍・独立問題について解説を加えていただきます!

 さてさて、前回に続き、芸能人の独立・移籍にまつわるトラブルについて、我々マネージャーからはどういうふうに見えているか、語っていきましょう。

 前回お話しした能年玲奈みたいに事務所と揉めたケースではなく、「仕事も順調でノリにノッているのになぜ移籍……?」というケースもたまにありますよね。古くは根津甚八、樋口可南子、椎名桔平といった本格派俳優を多く輩出してきた、ユマニテという役者系の事務所を、この3月に突然独立した満島ひかりのケースなんかは、その典型でしょう。

 彼女はもともと、いまはシンガー&ダンサーとして大活躍中の三浦大知も所属していたアイドルグループ・Folderのメンバーでしたが、アイドル路線に限界を感じ、俳優の道を進むべく2009年にユマニテに移籍しました。

 そしてその2009年、当時インディーズ映画の雄として頭角を現しつつあった映画監督・園子温の『愛のむきだし』ヒロインに抜擢され、その後も映画『悪人』(2010年)やドラマ『モテキ』(2010年、テレビ東京系)といった話題作で印象的な演技を見せ、あっという間に業界から要注目女優に。その後、彼女の主演映画『川の底からこんにちは』(2010年)を監督した石井裕也と電撃結婚し、世間を騒がせます。

 園子温監督から言い寄られて一時期お付き合いしていたという根強い噂があったりとか、石井裕也監督との結婚もかなり突然だったりとか、彼女はもともと割と奔放な感じの女優さんだったので、今回のユマニテからの独立騒動も、「まあ、そういうこともあるのかなあ」とは思いました。けれど、“芸能界ど真ん中”な感じでイケイケのプロダクションであるレプロとは違って、ユマニテの社長さんは芸術的なセンスにあふれた穏やかな方だし、満島ひかりさんには実にぴったりな事務所だと思っていたので、やっぱりちょっとびっくり。そして残念だなあという思いはありますね。

 でも、一方で強く思うのは、満島ひかりくらいの演技力とバリューがあれば、もはやどの事務所に所属するかなんて一切関係なくて、あとは優秀なマネージャーがいれば、いい仕事はいくらでもできちゃうんですよね。地上波テレビにはなかなか出られなくなったとはいえ、敏腕マネージャー・飯島三智女史のもと、ジャニーズ事務所を離れてもそれなりに活躍できている稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾の“元SMAP”三人衆とかね。

 欧米のエンタメ界ではそもそも、仕事をアレンジメントするのは「エージェント」、身の回りのことを処理するのは「マネージャー」、お金のことは「税理士」というのが一般的で、そのすべてをひとまとめにしてタレントを抱えてしまう「芸能事務所」というシステムは、日本独特なものなんですよね。敏腕エージェントがいて、優秀な税理士がいれば、残りの身の回りのことは親戚とか仲のいい友人に任せちゃう、みたいなやり方は、これから日本でも普通になってくるかもしれないと思っています。だって今は、活躍の場がテレビだけではなくなってきているし、タレント本人からの自己発信は、所属プロや大手メディアに頼らなくても、SNSで簡単にできてしまう時代が到来していますからね。

2018年7月に発売される、宮崎あおい主演『眩(くらら)〜北斎の娘〜』(NHKエンタープライズ)
ヒラタオフィスの芸能界的“落としドコロ”
 最近のプロダクション移籍ネタでもうひとつ気になったのは、「女性自身」(光文社)が報じた一件。ヒラタオフィスを出た宮崎あおい、多部未華子、松岡茉優の3大女優の、“新会社”への移籍の件でしょうか。真相はわかりませんが、これ、実は非常にシンプルなお家騒動に近いものなんじゃないかと。3女優は、2018年3月にヒラタオフィスの社長に新しく就任した人物のことを、あまり信頼していなかったと聞きますし。

 何がきっかけになったのかはわかりませんが、あるタイミングで彼女たちから「独立したい」と言われてしまった。そこで次善の策として、信頼できるマネージャーが“関連会社”を立ち上げ、そちらに“移籍”するという形にしてとりあえず収めた、という話なのではないかと。これも芸能界ではよくある話で、マネージャーとタレントの相性が合わないと、しばしばこういうことが起こります。

 移籍先となる「ヒラタインターナショナル」は、宮崎あおいをずっと担当していた女性マネージャーを中心にした会社で、彼女は多部未華子からも厚い信頼を得ていた人格者。ずいぶん前から2人は、この女性マネージャーじゃないとなかなかコントロールできないという噂話は漏れ伝わってきていました。

 で、松岡茉優も、人徳のない新社長の下にいるよりは……と考えたのかも。でも、まったく別の会社を立ち上げるのではなく、当事者同士が落としドコロを探り、一応対外的には「関連会社」というところに着地させたあたり、実に芸能界的なものを感じますな。

 古くは、キャンディーズのマネージャーだった大里洋吉が渡辺プロダクションから独立して設立したアミューズ、それから今回の例に近い形としては、ホリプロの敏腕マネージャーだった小野田丈士が社内独立的な形で立ち上げたホリエージェンシーがありますね。アミューズはいまや上場企業となり、サザンオールスターズや福山雅治といった人気ミュージシャンを生み出すほどの大手プロダクションとなり、ホリエージェンシーも向井理や波瑠といった連ドラ主役級のタレントを生み出すまでに成長しています。いつの時代も、優秀なマネージャーのもとには優れたタレントが集まるということですね。う~む、ぼくも頑張ろう!

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

舞台降板騒動の満島ひかり、新婚の宮崎あおいも 芸能プロ“独立・移籍トラブル”と、芸能界の落としどころのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! のニュースならサイゾーウーマンへ!