ドラマレビュー

『おっさんずラブ』、ドラマ史に残る失恋シーンを演じた吉田鋼太郎の演技力

 土曜の午後11時15分から放送されている『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)から目が離せない。人が人を好きになることの愛しさと哀しみを、ここまで描いた恋愛ドラマは久しぶりである。

 天空不動産に勤める33歳の春田創一(田中圭)は、ある日、尊敬する部長・黒澤武蔵(吉田鋼太郎)の携帯電話の待ち受け画面が、自分の写真だと知る。さらに、黒澤のパソコンには、自分の写真が大量に保存されていたことを知って驚くが、そのことを知られた黒澤は、春田のことが好きだったと告白し、妻と別れるから待っていてほしいと告げる。一方、春田とルームシェアをしている後輩の牧凌太(林遣都)も、実は春田に思いを寄せているのだ。

 本作は2016年の年末にSPドラマが放送された。上司と後輩から告白される男同士の三角関係はそのままだが、今回の連続ドラマ版では細かい設定と登場人物がリニューアルされた。中でも大きく変わったのが、黒澤部長がバツイチではなく、妻帯者という点だろう。そのため、黒澤部長が妻・蝶子(大塚寧々)に離婚を切り出すことから起こる大騒動も描かれる。

 仕事先に浮気相手の女がいると思った蝶子は黒澤部長の職場に乗り込むが、なぜか春田と浮気相手を探すことに。一方、営業部の主任・武川政宗(眞島秀和)が実は牧と元恋人だったことが判明し、物語は複雑な恋愛模様となっていく。

 物語は恋愛ドラマのよくあるパターンをなぞったもので、Aが好きな人はBが好きでBが好きな人はCが好きという片思いの連鎖で続いていく。それが男同士の関係だというのが本作の面白さだろう。こういうドラマは、同性愛を茶化して笑いの方向に持っていきがちだ。本作もSPドラマの時は、笑いに寄せていた部分が大きく、危ういところがあった。対して、連続ドラマでは、笑いの部分が集約されている。次々と男に告白されて戸惑う春田の困惑と、鈍感な春田に振り回される周囲の男たちの切なさに、笑いがまとまっているのだ。

 感心するのは、同性愛の壁だけでなく、会社の上司・部下という年齢と社会的立場の壁をも恋愛の枷として描いていることだ。SNSの感想を見ていると、「仕事を口実に春田と会おうとする黒澤部長のやり方は、パワーハラスメントなんじゃないか?」などという指摘も見受けられ、しかし筆者はそこにこそ、黒澤部長の抱える「おっさんの哀しさ」を見てしまう。

顔圧がさすが舞台俳優!

しぃちゃん

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

『おっさんずラブ』、ドラマ史に残る失恋シーンを演じた吉田鋼太郎の演技力のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! ドラマレビュー男性タレントのニュースならサイゾーウーマンへ!