サイゾーウーマン世論調査

「聖子ちゃんはいまも現役」「商品価値なくなる」アイドルは、“結婚したら引退すべきか否か”を調査

 先月行われた「第9回AKB48選抜総選挙」のスピーチで、NMB48・須藤凛々花が、突然の結婚宣言をして壮絶なバッシングを受けた。ネット上には、「須藤に投票したファンがかわいそう」「総選挙は辞退すべきだった」「卒業を発表したAKB48・渡辺麻友の顔に泥を塗った」といった批判が噴出。須藤は、総合プロデューサーから慰留を勧められたものの、NMBを卒業することを発表した。(Sagooooワークス調べ/調査地域:全国/調査対象:男女・年齢不問/調査期間:6月20日~6月26日/有効回答数:100)

 過去にも人気絶頂のさなかに結婚して芸能界から姿を消したアイドルは多い。異性からの支持が人気に大きく影響するだけに、恋愛や結婚がタブー視されがちなアイドルだが、実際のところ世間の人々はどう思っているのだろうか? 今回、男女100人を対象に、「アイドルは結婚したら引退すべきか? 続けてもいいか?」というアンケートを実施した。

aidoruttekekkonnsitarainntaisubeki

 結果を見てみると、「アイドルを続けてもいい」との回答が79票を獲得。

「アイドルという職業に責任を持つことができるなら、結婚後も続けて構わないと思う」(20代/女性)
「有名人であれ何であれ、結婚はプライベートなことなので、その人の自由」(30代/女性)
「結婚をして離れてしまうファンもいるとは思うが、結婚しても応援してくれる人がいるなら、それに応え活動を続けていいと思う」(20代/男性)

など、「本人の気持ちが大事だと思うので、アイドルだからというだけで引退する必要はない」(40代/女性)とする声が多く見られた。また、昭和を代表するアイドルが今なお活躍していることを受け、

「聖子ちゃんはいつまでもアイドル。キャラクターを受け入れてくれるファンがいるなら、なんの問題もないのではないか。需要と供給の世界だと思う」(40代/女性)
「菊池桃子、松本伊代、アグネス・チャン、早見優などのように、結婚して子育てをしてからママタレのように活躍している人もいる。ママになる、またはママ業に励むカッコ良さを見せられれば、それはそれで世の励みにもなるだろうし」(30代/女性)

と、「内面のきれいな人や演技のうまい人は、実績を重ねていくにつれ輝きが増し、多くの人に良い影響を与えてくれる」(40代/男性)ことから、アイドルとして次のステージを期待する声も多く聞かれた。

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

「聖子ちゃんはいまも現役」「商品価値なくなる」アイドルは、“結婚したら引退すべきか否か”を調査のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! AKB48芸能ウラ情報のニュースならサイゾーウーマンへ!