49歳、10年以上セックスレス。夫は「自分からセックスは求めない」のポリシーを曲げない

いまから16年前、同じ会社に勤務していた7歳年下の夫と結婚。現在は15歳の長女と10歳の長男の母である専業主婦の万理乃さん(49)。

金融関係の会社に勤務する夫は結婚後すぐに神戸から山口県に転勤となり、万理乃さんも夫と共に転勤先へ。その後、新潟、東京都内を経て、現在は実家のある神戸で両親が建て替えてくれた二世帯住宅に住んでいる。ただし夫は京都で単身赴任中だ。

長い<転勤族の妻>生活を終えて、幼い頃から住み慣れた街に戻ってきた万理乃さん。長女は目指していた希望の私立中学に合格し、二世帯住宅の間取りやインテリアはすべて自分好みに整えた。傍から見ると何不自由のない羨ましがられそうな生活に思え、羨ましがられるような理想的な主婦の暮らしだが……。

彼女は「自分はお金を稼ぐこともできない」「子供を育ててるといっても、特に立派なわけでもない普通の子供」と焦燥感を感じることがあるのだという。

◎子宮がんになるんじゃないか――。その不安を払拭するために子宮を摘出

――昨年、子宮筋腫摘出の手術とともに子宮も摘出されたとおうかがいしています。

「はい。6年ぐらいまえから子宮筋腫はあったんですけれど、急に大きくなって。子宮筋腫を摘出する際に同時に子宮も摘出しました」

――お医者様は「子宮も摘出しましょう」と、有無を言わさない感じだったのでしょうか。

「いいえ。筋腫だけを取り除くことも可能と言われたんですけど『出産も終わっているし、子宮がん予防のためにも子宮ごと摘出したら?』というお話があったので同意しました」

――予防医学、最近で言うとアンジェリーナ・ジョリー的な選択、でしょうか。

「そうです。健康面を第一に考えて決断しました。もう子供を産むことはない。セックスもこの先することもないだろうし、子宮はなくっても別にいいかなって」

――子宮がなくってもセックスはできますけれど……。

「もちろんそうなんですけど、私の気持ちの問題というか。子宮がなくなるとセックス時に濡れにくくなったりするのかもしれないな、と考えたんですね、一瞬。医学的にそういうことはないと後でちゃんとわかりましたけど。でもうちの場合、下の子ができてから、一度も旦那さんとはセックスしてませんし。ましてほかの人といまさらするわけでもあるまいし。たとえ濡れにくくなったところで関係ない、ならもう子宮はいらないなと」

――ということは、10年以上セックスレスということになりますね。

「そうです。上の女の子を産んだあとに、私がまったくセックスに興味がなくなってしまったので。子供にしか目がいかなくなり、長女出産後もずっとセックスレスでした。でもどうしてももうひとり子供が欲しくなったので、完全に子作りのためだけにセックスしたんです。下の子を授かってからは一切ないです」

――それで、子宮摘出をお医者様から提案されたときも、ためらいはなかったと。

「ええ、まったく。あの、実はうちの母親が子宮がんを患ってまして。いまは元気なんですけれど。でもやっぱりそれは私の中でずっと気にかかっていることなんですね。子宮がんは遺伝しないと言われているようですが……私も子宮がんになるかもしれない、そんな不安を払拭するためにも摘出を決めました」

――子宮を摘出したのでもう生理はないと思うのですが、いま現在はなにか体調のことで悩みなどありますか? 年齢的にはもう更年期でいらっしゃいますが……。

「子宮をとってから1年後ぐらいかなぁ、体調が悪いなって思うようになりました。49歳の誕生日を迎えてすぐの頃です。卵巣を残せば更年期はすぐにこない、体の(ホルモン)バランスは崩れないってお医者様から言われていたんですけれど……」

――手術直後に体調に大きな変化はありましたか?

「いいえ、まったく。それまで量が多くて貧血の原因になっていた生理がなくなったことで、術後は以前よりも体調はよくなったと感じていたぐらいなんです。それが49歳で急激に変化しました」

――具体的にはどんな症状があったんでしょうか。

「最初に感じたのは、顔のほてりです。ホットフラッシュの症状とはまたちょっと違って。汗をかくわけではないんです。ただただのぼせるというか」

――周囲の人が見てもわかるぐらいに、顔が赤くなっちゃう?

「ひとめでわかります。顔が真っ赤になってますから。ほてりのほかには……なんて言ったらいいんだろう……上手く伝わるかどうかわからないんですけど。全身の血がサワサワとして気持ちが悪くなるんです。加圧トレーニングで、バンドを外した瞬間に血がサーっと流れる感覚があるんですけれど、あれに少し似てるかな。とにかくその全身サワサワが始まると精神的に落ち込んじゃって」

――精神的に落ち込むというのは……?

「体調が悪くなって出かけた先で倒れたりしたらどうしようって、不安になるんです。そのせいで、どこにも出かけたくなくなるというか。サワサワが始まると、座り込んで一点見つめてじっとしちゃうんですよ。でもハッと気がついて『こんなことしてられないから頑張らないと』って自分を奮い立たせて動くようにしています」

――なるほど。お医者様には行かれました?

「行きました。まず更年期かどうかをチェックしてもらおうと婦人科に。血液検査したんですけど、お医者さまの判断ではまだ更年期ではないと」

――う~ん、一般的には45歳から55歳からは更年期世代なので、更年期ではないという言い方は少し乱暴な気がしますが。更年期でないと言われると、ほかになにか悪いところがあるんじゃないか、他の科に行ったほうがいいんじゃないかとなりませんでしたか。

「心療内科に行ったほうがいいのなってちょっと考えたりもしましたが、薬漬けになってしまうのは怖いし。そんなふうに考えていたときに、偶然テレビである体操に出会って。それをやり始めてからこの1週間はまだサワサワに襲われていないんです」

――体操ですか!?

「私、以前から耳が聞こえすぎるという感覚があったんですね。耳鼻科で診療してもらったこともあるんです。正式な名称は忘れましたが<過敏耳>というような説明をされて。その時は特に薬も出されなかったんですけど。それで、先日テレビで<過敏耳>の人は気圧の変化で体調が悪くなりやすく、そういう症状を持つ人にぴったりの体操だと紹介されているのを偶然目にして。耳の合計5カ所ほどを順番に引っ張っていくだけの簡単な体操です」

――その耳の体操をしてからサワサワする感じやほてりがなくなったと?

「この1週間はそうです。耳の体操をする前までは『今日は調子いいな』って思える日がなかったんですが、体操してからは絶好調まではいかなくても、調子いいなと思えるぐらいになりました」

◎決して良好とはいえなかった実母との関係。二世帯住宅で距離が近くなったいまも……

子宮摘出については特に夫に相談することもなかったという万里乃さん。自分の判断で摘出を決め、手術日が決まってから夫に話したのだという。「旦那さんは、子宮筋腫を取るためには子宮も取らないとダメなんだな、ぐらいにしか理解してないと思います」と万理乃さんは笑う。ただ、この件で口を挟んできたのは夫ではなく、万理乃さんの実母だった……。

――いまは二世帯住宅に住んでいらっしゃるので、お母様との距離は近いですよね。

「はい。それで一応、母にも相談ではなく報告というかたちで『子宮を摘出するから』って話したんです。そしたら母はものすごく真面目な顔をで『子宮を取るとなると、それはまず旦那さんにちゃんと話をしないとダメよ』って言いました。その瞬間、なんでしょう……とにかくものすごくイヤな気持ちになりました。自分の母親からそんな話をされるのは抵抗があるというか」

――夫婦の性生活に干渉されている思いになったのかもしれませんね。

「あぁ、そうです、まさにそんな感じ! すごく気持ちが悪かった。あなたに私の夫婦生活を想像されたくない、と思いました」

――お母様の年齢からすると、子宮がなくなる=女じゃなくなるっていう考えがあるのかもしれません。お母様との仲は良好なんでしょうか?

「いいえ。地元に戻り二世帯で住むようになって、母の存在が精神的にキツくって」

――もともとの関係性はどうでしたか?

「子供の頃からずっとよくはないんです。母はなにか気に入らないことがあればすべて私のせいにする人で。私の顔を見るだけで腹が立つみたい。自分の気分によって私に当たり散らしてくるから、私にとっては理解不能な人間なんです」

――お母様とは子供の頃から関係は良好ではない。地元に戻ることで旦那さまを単身赴任にしてしまう。いい条件ばかりではないのに、それでも地元に戻り二世帯住宅に住まうことにしたのはなぜなんでしょう。

「やっぱり子供ですよね。幼稚園、小学校の頃はまだいいけれど、中学からは転校せずに落ち着いた環境で子供には学んでほしかったんです。私自身、私立の中学・高校一貫教育の学校に通っていたので、子供にも同じ環境を与えたかったし。うちの親も『私立に入れるようにできることがあれば協力する』って話しになり、そこから二世帯にしようと。でも覚悟していた以上に母との関係はキツイものがありました」

――じゃあ「どっちかのリビングでお茶する?」とかもないわけなんですね。

「まさか! ないですよ~。なるべく顔を合わせないように必死です。揉めないようにするためには、それが一番だなと思ってますから」

――家を建ててしまった以上は住み続けることになりますから、なるべく揉めないようにするしかないですよね。では今後もし旦那さまが遠方に転勤となっても、やっぱりおひとりで行かれることになりますか。

「ええ。これまでの転勤について行ったことに後悔はないんですけれど、今後は娘の学校もありますし、もうついていく気はありません」

――転勤族の妻で一番大変だったことはなんでしょう。

「病院と学校探しでしょうか。最初は情報がまったくないので、とにかく大変で。旦那さんはいいんですよ、とりあえず会社に行っちゃえばそれでOKだから。妻の私は、友達も知り合いもまったくいない場所で孤軍奮闘しなくちゃいけない。そこは大変でしたけれど……でも子育てで大変だったせいもあるしあっという間に時間が過ぎた気がしますね」

◎夫には「自分からセックスは求めない」というポリシーが。

――現在は単身赴任されている旦那様との夫婦仲はいかがなんでしょうか。

「いまは京都と神戸で距離的には近いので、旦那さんは週末ごとに帰って来ます。でも晩御飯が終わって、午後8時過ぎには私も子供も自分の部屋に籠っちゃうんですけどね。旦那さんは遅くまでリビングでビール飲んでるみたいですけど……誰ともあんまり会話しない、こんな状態でも帰ってきたいんだなぁとちょっと不思議。でも仲が悪いわけでもないし、離婚を考えたりはしていません。年を重ねたらもう少し歩み寄れるかもしれないな、と漠然と考えてます」

――お子さんの普段の様子や今後のことなど、たまに帰ってきた旦那様とは話すことはたくさんあるように思うのですが……。

「うちの夫婦、会話は昔からあんまりないんです。子供のことも、私がひとりで決めるので。相談しても解決に導くような話ができる人ではないので、そこは求めないようにしてるんです。もう諦めたって感じかな」

――最初に10年以上セックスレスと教えていただきましたが、旦那さんはこの状況をどう思っていらっしゃるのかが気になります。

「笑っちゃうんですけどね、旦那さんは『俺は自分からはセックスを求めない』というポリシーを持っているらしいんです」

――ええ~っ、なんですか、そのポリシー(笑)。面白すぎる(笑)

「なんでそういう話になったのかは、忘れたんですけど(笑)。きっぱりとそう宣言されたことがあるんです。その宣言通り、向こうから迫られたことはないです。でもまだ彼は42歳ですし、当然セックスに興味はあるんです。AVは見てるし、その昔初めて私がパソコンを買ったときには、こっそり使って検索していたみたいで。ある日私が検索履歴を見たら<クンニ>ってあって。あ、勝手に検索してると(笑)」

――あ~(笑)その言葉をいれて画像や動画を検索したんでしょうね、きっと。それについてはコメントしました?

「人のパソコンで何検索してんねん!って即ツッコミました(笑)。だから彼はセックスに興味がないわけじゃないんです。恥ずかしい話ですけど、浮気もありましたし」

――旦那様が浮気を?

「もう5年以上前の話で、いまは思い出したくもないので詳しくは話しませんけど。でも発覚したときは旦那さんから慰謝料として100万円ブン取ってやりました」

――え? 相手の女性からではなく、旦那さまからお金を?

「そうです。子供がいるから離婚する気はなかったんですけど、精神的苦痛を受けたからお金で解決してもらいました」

――セックスレスとはいえ、万理乃さんも嫉妬心が湧き出たかと……。

「嫉妬心というよりも……私を騙そうとするな、騙せると思うなよっていう腹立たしさでしょうか。子供に対して申し訳ないという気持ちにはならないのか、とも思いました」

――もしも旦那様が突然、万理乃さんにセックスを求めてきたらどうします?

「無理! 絶対に無理です! 感覚としては兄弟とセックスするというぐらいに無理です。たとえものすごく泥酔していたとしてもできない。そもそもふたりめを作る時もホントに旦那さんとセックスするのがイヤでイヤで。でも子供が欲しいから、お酒の力を借りてなんとか頑張りました。泥酔してたんですけど、キスとか前戯なんていらない、やめてとそこはさりげなく拒否って(笑)」

――とにかく子種だけください、と。

「まさにそんな感じですね~。一度ね、やっぱり旦那さんも私のそういう思いに気がついたのか、どうしても勃たないこともあったなぁ」

――万理乃さんはいまもセックスしたいなって思うことは一切ない?

「若いうちに悔いが残らないぐらいにセックスしたんで、もういまはいらないです」

――他の人としてみたいな、と思うことも?

「ないです。このまま死んでいくんだろうな、とは思いますけど。別にそれでもいいかな。夢の中で嵐の大野君に抱きしめられたことがあるんですけど(笑)夢だけで充分幸せです」

◎焦燥感を抱えながらも「もうこのまま死んでいくしかない」と諦める日々

――事前に「お金も生み出せない」「子供がいるけど、特別賢い子に育てたわけでもない」という思いに悩まされているとお聞きしていましたが、その思いはいつから?

「お金を生み出せない自分にうんざりする思いは、結婚してからずっとありました。もともと仕事を辞めるつもりはなかったんです。でも結婚してすぐに旦那さんが転勤になって」

――転勤先で旦那さまと同じ会社で働くことは考えなかった?

「結婚したら女は仕事を辞めるもの……っていう時代でしたからね。会社のかなり偉い方に仲人を頼んだんですが『引き受けるかわりに結婚したらあなたは会社を辞めなさい』と言われてしまって。『うちは夫婦仲良く仕事ができるような会社じゃないから』と」

――すごいセリフ。いまなら訴訟ものですよね、そんな暴言。

「ほんとに。でも当時は『わかりました』と言うしかなかったんです。周囲の空気もそれであたり前っていう感じでしたから」

――それで、キャリアはあきらめてしまったと。

「いえ。最初の転勤先で、旦那さんの上司の紹介で同じ業種のアルバイトに行くことになったんです。そのときは、金融の知識が役に立つからって言われて行ったんですけど……実際は倉庫の片づけや書類整理などの仕事しかさせてもらえなくって。その当時の私よりももっと年上のパートの人でさえ重要な仕事をしているのに、どうして私はこんな仕事をしないとダメなんだろうって。自分がすごく惨めに思えて。そこはすぐに辞めちゃって、それ以来働いていません」

――社会に取り残されているような焦りがその頃から、いまもずっとあるわけなんですね。

「ええ。子供も大きくなってきて、時間ができるとどんどんその思いは強くなりました。学生時代の友人の近況を訊いていると働いて、後輩や同僚との関係を築いていて楽しそうなんですよね。それに比べて私にはなんにもないなと思っちゃうんですよ」

――お子様もだいぶ大きくなられていますし、いまから働かれるというご予定は?

「もうずっと長い間働いてないので……いまさら年下の人にえらそうに支持されたりはたぶん精神的に耐えられないと思うんですよ。だから、働くとしたら同僚がいない、たとえば社長と自分だけの会社とか(笑)。でもそんな都合のいい仕事あるわけないとはわかっていますから。焦りはあるけれど、特別なにか得意なことがあるわけでもないし。たぶんこのまま死んでいくんだろうなぁと諦めています。人生の先はもう全部見えてる気がしてつまらないんですけれど、変える方法もないから仕方ないですね」

<取材を終えて>

女性ホルモンの値を検査した結果、万理乃さんのエストロゲンの値は47pg(ピコグラム)だったそうだ。50pg以下になるとほてりや肩こり、めまいやおちこみ、うつなどのいわゆる更年期症状が出はじめると言われている。それにも関わらず、「更年期ではない」のひとことで簡単に片付けてしまう医者。こう診断されたために「更年期じゃないならほかの医者に行かないと」とここからドクターショッピングに走ってしまう人が多いのが実情である。残念ながら、現代の医療では<更年期>について理解し、しっかり向き合うお医者さまがまだまだ少ないのではないかということを今回のインタビューで改めて感じた。

オンナの[裏]掲示板 新着コメント

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

49歳、10年以上セックスレス。夫は「自分からセックスは求めない」のポリシーを曲げないのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! のニュースならサイゾーウーマンへ!

オンナの[裏]掲示板人気トピック