役と本人は違うのよ!

『ウォーキング・デッド』でユージーンを演じた俳優が、番組ファンの攻撃に辟易しSNSを全削除

JoshMcDermitt01
こんなチャーミングなジョシュにそこまで言わせるって……

 アメリカで2010年に放送が始まってからというもの、高視聴率をマークし続けている大ヒットドラマ『ウォーキング・デッド』。ウォーカーと呼ばれる大量のゾンビと人間たちの戦いはもちろん、一筋縄ではいかない人間模様が「最高におもしろい!」と世界中で爆発的にヒットしている。

 その中で、“知性も知識もある男だが、臆病で不器用な性格”というクセのあるキャラクター、ユージーンを演じているのが俳優のジョシュ・マクダーミットだ。ジョシュ自身はユージーンとは対照的な気さくで穏やかな性格。インスタグラムに共演者との画像をたくさん投稿したり、SNSを通して積極的にファンと交流することでも知られ、ドラマのファンから人気を集めていた。

 ネタバレになるので詳細は伏せるが、昨年10月~今年4月に放送されていた『ウォーキング・デッド』シーズン7で、ユージーンは悪い意味で大きな変化を遂げた。この変化を不服に思った視聴者が、ジョシュのSNSに「死ね」といった言葉を書き込むなど攻撃。以前から「ネットいじめ」に嫌気が差していたジョシュは“反撃”に出た。

 英大手メディア「BBC」によると、ジョシュはシーズン7最終話が放送された後、ストリーミングサービス「Facebookライブ」を使って動画を配信。「頼むからさ、“殺す”とか脅迫するのをやめろよ……すべて警察に通報するからな。うんざりなんだよ。ユージーンが嫌いならそれでいいさ。どうぞご勝手に。お前さんの考えが間違っていると論じることもできるけど、どう思うかはその人の自由だからね」と述べた上で、「“死ねばいいのに”とか言われるとさ、ジョシュに対してなのか、ユージーンに対してなのかわからないじゃないか。だからその手のクソは通報するしかないのさ」と舌打ちをしながら説明。

 続けてジョシュは、「ネットで文句垂れるのはやめよう。マジで。そんなことより、家族や友達や愛する人と一緒に時間を過ごそうよ。インターネットから離れようぜ」とスナックをぼりぼり食べながら提案し、「ほかになにかあるかな?」「愛してるよ、ってこと。意外にさ」とつぶやく。最後にカメラを見つめながら「そう、オレはみんなのことを愛してるんだぜ」と言ったジョシュは、とても寂しそうな表情を浮かべていた。

 そして、ジョシュはこの配信を最後に、Twitter、インスタグラム、Facebook、すべてのアカウントを削除。SNSから去ってしまったのだ。

 彼は、これまでにも「ネットいじめ」を厳しく取り締まるべきだと主張。『ウォーキング・デッド』でタラ役を演じているアラナ・マスターソンが産後にカムバックした際、ネット上で「太った」とバッシングされたことにも大激怒し、米リベラル系サイト「ハフィントンポスト」のインタビューで「ふざけんな!」とぶちまけたことがあった。「マジで腹立つよな。だって彼女、別に太ってなんかいないんだぜ。ネットでは匿名が使えるからなに言ってもいいと思ってるヤツが多すぎるんだよ」と息巻き、「アラナは出産したばかりなんだぜ。だからシーズン7の最初の6話には出ていないんだ。出産から回復するために休んでいたからさ。それなのに、彼女の外見について悪口を言うなんて。ふざけんな!」と吐き捨てた。

「役のせいでバッシング」というと、観月ありさや榎本加奈子を思い出しちゃう90年代ババア

しぃちゃん

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

関連キーワード

『ウォーキング・デッド』でユージーンを演じた俳優が、番組ファンの攻撃に辟易しSNSを全削除のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! セレブのニュースならサイゾーウーマンへ!