今井舞の「週刊ヒトコト斬り」

『ミヤネ屋』音源使用で“立場”を得たASKA、独占インタビューで見せた気概

――毒舌コラムニスト・今井舞が、話題のアノ人物やアノニュースをズバッとヒトコトで斬り捨てる!

1611chageas
『SUPER BEST II』/ポニーキャニオン

◎あふれる才能
 まさか不起訴になって出てくるとは。逮捕当日、ASKAの曲を勝手に流した『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)であるが。あの時点では、完全に「再犯したASKAが、ラリって逮捕前にこんな曲を」という、痛いモノ見たさ優先の空気が醸造されていた。「勝手に作ったという東京五輪のテーマソングだそうです、聞いてみましょう」「*×▲※☆■♪~」。

 次にASKAに会うのは少なくとも数年後。どうせこれから権利どーのこーのじゃなくなるだろうし。あの時点では世間と一緒に、同じ喫水線を見ていたはずなのに。推定無罪逆転さよならホームランで、『ミヤネ屋』に「めっ」。こういうこともあるんだなぁ。

 権利を侵害され、侮辱も受けた被害者として、堂々と話を聞いてもらえる立場に急変したASKA。「雑誌の独占インタビューを受けた」という報道に「『週刊文春』(文藝春秋)かな、『週刊新潮』(新潮社)かな、それとも『創』(創出版)だったりして?」と見てみたら「週刊SPA!」(扶桑社)でやんの。いやー。世に数多ある雑誌の中で「週刊SPA!」か。「ASKAが本誌だけに語った!」の相手に「週刊SPA!」を選ぶのか……。すべらへんなぁ宮崎くんは。近いうち、またねー!

◎そういう見方もある
 『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)最終回。オルゴール音流れすぎで、マツエクの施術室かと思ったが。

 誰も望んでいない、ぶった切るような終焉は確かに悲痛で、「やめないでー!」という国民感情もわかる。だが続けたところで、元のSMAPに戻るわけではないしなぁ。

 1月の「空中分解」会見以降、『スマスマ』で見るメンバーの苦悶の表情といったら、ちょっともう見てられないレベル。「楽しいバラエティ番組」の域を超え、完全に「公開拷問」。痛みを取り除き、人として楽に。あれは生前葬でも公開処刑でもなく「尊厳死」だと思う。

 特に、最後上を向いたまま微笑して目を閉じていた香取慎吾。『真田丸』(NHK)のラストシーンかと思った。もう収録ないからね。ゆっくり休んでください。

◎来年も期待
 「文春」本年最後っ屁砲は、嵐・松本潤と安田美沙子の夫の不倫。ま、未婚の松本は不倫ではないが。なかなかの生々しさ。SMAPの生き地獄との対比で、楽しそうで何より。

 そして安田美沙子の夫。安田美沙子の夫かぁ。一般人の。うーん。昔なら「あーあれ。ぽいねー」でハナにもかけられず、キャッチ&リリースされてたレベルの人物まで、今は報道されるように。

 全ては「ゲス不倫」というジャンルが正式に確立してしまったことによるな。「浮気」というグレーゾーンな呼称は死語に、いや、禁語になった。でもその概念と劣情が、人の世から消えることは永遠にないだろう。

 とにかく来年も「文春」に任せろってことだ。

今井舞(いまい・まい)
週刊誌などを中心に活躍するライター。皮肉たっぷりの芸能人・テレビ批評が人気を集めている。著書に『女性タレント・ミシュラン』(情報センター出版局)、近著に『気になる「あそこ」見聞録』(新潮社)がある。

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

『ミヤネ屋』音源使用で“立場”を得たASKA、独占インタビューで見せた気概のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! のニュースならサイゾーウーマンへ!