"噂の女"神林広恵の女性週刊誌ぶった斬り!【第179回】

金がすべての「うの会」、ほしのあき追放劇にみるママタレの冷徹な利害関係

2013/06/25 21:00

 よく知られた話だが、嵐の櫻井翔の父親は官僚である。東大出のキャリア官僚。現在は総務省情報通信国際戦略局の局長サマである。そんな官僚の父親は櫻井の芸能活動に最初から反対していた。これもよく知られた話だ。そして父子の確執は8年続いたが、2006年にソロコンサートを行った際、父親が初めて会場に来てくれた。それ以来、父は毎回櫻井のステージを見守っているという。そんな親子のエピソード記事である。だからタイトルにある“家族ゲーム”は、もちろん櫻井が主役のドラマ『家族ゲーム』(フジテレビ系)とは何ら関係ない。櫻井の“家族”の問題だからドラマに引っかけて「家族ゲーム」。よくあるこじ付けタイトルである。特に目新しい“櫻井情報”があるわけではないから、こじつけただけ。そんな記事である。

 では、なぜ今頃? 今、小学館は櫻井クンを取り上げたい。どんな形でも。この夏、これまた櫻井が主演の映画『謎解きはディナーのあとで』が公開される。原作はもちろん小学館発行。もちろん映画製作にも小学館は名を連ねている。2年前、同作がドラマ化され同じく櫻井が主演した際、原作本がかなり売れたらしい。だから今回も――。でも映画は8月公開だから、あまり先走っても仕方ない。まあ『家族ゲーム』の話題でお茶を濁すか――。そんな感じの記事である。

 だから特に内容がない。他メディアでは一度は事務次官レースを外れたかに見えた櫻井パパが見事出世レースに返り咲いたなんてことが話題になっているが、小学館には関係ない。共演の北川景子との熱愛のうわさもあったが、完全無視(といってもこれはドラマのためのパブリシティうわさか)。なんだかな。ちなみに今週号「セブン」表紙は大野智。なんだかな。そして櫻井家のエリートぶりを見るたび、息子の人気を最大限利用しようとする“中華”相葉家が、なぜかホノボノと健全に見えてくる。なんでかな。

 フジテレビの『カスペ!』で放映された、芸能一家高島家の内情は大きな反響を呼んだ。5年ぶりの高島忠夫テレビ出演に加え、老々介護という問題を突きつけたからだろう。だが「セブン」など一部で、「高島家には住み込みのお手伝いと介護士が何人もいる」と批判されている。その批判に対し擁護するのが「週女」記事だ。なぜ番組内で、お手伝いさんの存在を紹介しなかったのか。「週女」はその理由を49年前に起きた「高島家長男殺害事件」にあるとした。長男を殺したのは当時の住み込みお手伝いだったから、お手伝いの存在に触れたくなかった、と推論する。そうきたか(笑)。でも、番組では事件には触れているんだけどね。

 ともあれ、そもそも介護に人の手を借りるのは当然であり、これを批判することこそがおかしいことだ。それを敢えて言わなかったことを「隠した」と批判されるのは下種の勘ぐりというものだろう。

 それに、番組内で妻・寿美がこの事件について初めて触れたことこそ、取り上げるべき “事件”だったと思う。これまで沈黙を守ってきた事件に対する寿美の心情――。そして“無かったことにしたい”元嫁・美元問題も、きっと時が解決してくれる(ハズ)。

最終更新:2013/06/25 23:55
『なんだかなァ人生』

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

金がすべての「うの会」、ほしのあき追放劇にみるママタレの冷徹な利害関係のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 大野智櫻井翔相葉雅紀神田うのほしのあき高島忠夫ママタレ家族ゲーム謎解きはディナーのあとで高島家長男殺害事件のニュースならサイゾーウーマンへ!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ