今井舞の「週刊ヒトコト斬り」

玉木宏・木南晴夏、高ポイントな結婚で焦る“あの男”

tamakihirosi0825――毒舌コラムニスト・今井舞が、話題のアノ人物やアノニュースをズバッとヒトコトで斬り捨てる!

◎祝!
 玉木宏・木南晴夏、結婚。玉木ファンの「ビックリしたけど、おめでとう!」の反応は、おおむねウソではない気がする。これで今まで何となくわからず、でもググるほどでもなく、放置されがちだった木南晴夏の名前の読み方が、広く周知されるようになるだろう。いろんな意味でおめでとうございます。

 「長い交際がバレてなかった」というのも、2人にとっては都合がいい。芸能人同士の長年の交際が周知の事実になると、男の方が「何で入籍しないんだ」と無責任扱いされるケースはままある。お相手が「演技派女優」ってのも、お互いの仕事を尊重しあう感じがまた高ポイント。

 ……さーて、どうするどうなる、竹野内豊。俺の好感度がぁぁぁッ!

◎続投
 あまりにタイトすぎて、降板とはならなかったNEWS・手越祐也のW杯キャスター。心労でゲッソリしてるならまだしも、顔パンパンで「さんまさぁーん!」か。さんまも、もういじる気さえない感じ。制作側も、共演者も、視聴者も、スポンサーも、たぶんNEWSのほかのメンバーたちも「うわぁ……」とドン引きの中、ただただ手越のハートの強さだけが伝わってきて、現地でのリポート内容が何にも入ってこない。手越半端ないって。

 すいません、このフレーズ書きたかっただけです。でも「半端ないって」が表す世界観と、手越の我のポテンシャル、この2つの合口のよさは、なかなかであると思う。梅に鶯。竹に虎。手越に乱痴気。まるで一幅の絵のような。半端ないって。

◎それぞれの居場所
 坂口杏里、ストリッパーに転身。
 市川海老蔵暴行男、沖縄ヤクザ相手に大立ち回り。
 ISSAの本名。
 広瀬香美問題。
 小池百合子、カイロ大主席卒業だ、いや主席じゃない騒動。
 大阪北部地震&サッカー日本代表戦のさなか、千載一遇のタイミングで会見する加計孝太郎理事長のラスボス感。
 サッカーと入れ墨の祭典、FIFAワールドカップ。和彫りが人気。
 焼肉ランチを食べただけで、突然豆鉄砲を食らう千原せいじ。
 圧倒的後味の悪さで、なんかカイジみたいになってたAKB総選挙。来年から「限定ジャンケン」で順位決定か。

 以上、原稿になるかもとメモしておいた今週のネタの数々。深く考察するより、そのまま羅列した方が味わい深い気がして、ちょっと皆さんと共有したくなった次第。

 ああ。みんなそれぞれ、置かれた場所で咲いてるなぁ。ちょっと狂い咲きっぽいのから、変わらぬ佇まいが奥ゆかしいのまで。そのままそのまま。かまわずかまわず。続けて続けて。

今井舞(いまい・まい)
週刊誌などを中心に活躍するライター。皮肉たっぷりの芸能人・テレビ批評が人気を集めている。著書に『女性タレント・ミシュラン』(情報センター出版局)、近著に『気になる「あそこ」見聞録』(新潮社)がある。

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

玉木宏・木南晴夏、高ポイントな結婚で焦る“あの男”のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 週刊ヒトコト斬りのニュースならサイゾーウーマンへ!