精神保健福祉士・斉藤章佳氏×弁護士・三浦義隆氏対談(後編)

「痴漢をなくしたい人VS痴漢冤罪を訴える人」の対立構造が起こる理由

「痴漢をなくしたい人VS痴漢冤罪を訴える人」の対立構造が起こる理由

 満員電車で起こることの多い痴漢。しかし、痴漢のニュースが報じられるたびに、「冤罪かもしれない」「痴漢を疑われたら人生の終わり」という意見もネット上で飛び交っている。なぜ、これほどまでに痴漢冤罪の話題が持ち上がるのか? 『男が痴漢になる理由』(イースト・プレス)の著者で精神保健福祉士・社会福祉士の斉藤章佳氏と弁護士の三浦義隆氏に、痴漢と痴漢冤罪、どちらも防ぐことはできないのか、語り合ってもらった。 (前編はこちら) ■痴漢だけ冤罪を問題...



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

関連キーワード

「痴漢をなくしたい人VS痴漢冤罪を訴える人」の対立構造が起こる理由のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! インタビュー性犯罪痴漢のニュースならサイゾーウーマンへ!