今井舞の「週刊ヒトコト斬り」

突如として叫び暴れだした泰葉に重なる、あの女の存在

yasuha-blog
泰葉公式ブログより

――毒舌コラムニスト・今井舞が、話題のアノ人物やアノニュースをズバッとヒトコトで斬り捨てる!

◎次回の噴出は……
 これもひとつの生存確認ということなのか。間欠泉のように、忘れた頃に叫び出す泰葉。「当事者」と認識されていた頃は「受け取り方は人それぞれ」ということもあり、一応言い分が報道されていたりしたが。今はどこも全力で無視。軽々に扱えないレベルにつき、全力で無視。

 この泰葉に、何だかリンクして見えてくるのが安倍昭恵夫人である。野放しにしたら彼女も即、間欠泉化必至。公式の場で、夫婦で笑顔を見せながら、お互い絶対目を合わせないあの感じ。晋三の死んだ目に、「一生管理監督」という深く打ち込まれた楔が見える。

 一回、晋三と小朝とで、飯でも食ってみちゃどうか。同じ地雷を抱える者同士にしかわからない胸の内を共有できて、通じ救われ光が差すのではないか。

 しかし、泰葉と小朝が、同じアメブロでブログ開設してるってのは皮肉である。「退」となるのはどちらが先か。もちろん、あちらが先だろう。泰葉、ハウス!

◎お祝い申し上げます
 神田沙也加、結婚。その髪の色と通る滑舌、お相手の浮き世離れした雰囲気、背負わされた十字架の重さ等々、人生全てが是ミュージカル。いわゆるタモリが「苦手」とするところの。「ミュージカルといえば?」と問われて出てくるのは、市村正親とか山路和弘とか仲代達矢とか、これまで男性の俳優であったが。これからは墨痕鮮やかに神田沙也加の名前がせり上がる。全てひっくるめて、おめでとうございます。

 この件で、娘とも実母とも元夫とも断絶している松田聖子の孤立が一層強調されたわけだが。いつでもオトコが人生の最優先事項。だから聖子。それが聖子。松田聖子やってますけど、何か。何でもないです。松田聖子だもの。

◎完治困難
 不撓不屈。不惜身命。勇往邁進。堅忍不抜。どんな言葉でも表し尽くせないほど、映画の宣伝に力を注ぎまくるキムタク。局も時間も問わず番宣出まくり。

 以前、番宣でのエアホッケーで、えげつない点の取り方をして顰蹙を買ったが。今回また同じことが。文房具を使っての卓球で、福士蒼汰相手にガッと。これはもう、人間性がどうこうというより、クセというか体質に近いものと判断するのが正しいのかもしれない。常に自分のリアクションで空気が動く場に、長年身を起き続けた結果。「全ての事象はオレ経由」が染みついてしまった、主役という病。

 治療法は「脇役」をやることのみ。進行性。本人より、周囲に苦痛が強い。

mishuran  今井舞(いまい・まい)
週刊誌などを中心に活躍するライター。皮肉たっぷりの芸能人・テレビ批評が人気を集めている。著書に『女性タレント・ミシュラン』(情報センター出版局)、近著に『気になる「あそこ」見聞録』(新潮社)がある。

 

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

突如として叫び暴れだした泰葉に重なる、あの女の存在のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! のニュースならサイゾーウーマンへ!