今井舞の「週刊ヒトコト斬り」

新たな二世タレント「桑田真澄の息子」Mattに願う、たった1つのこと

――毒舌コラムニスト・今井舞が、話題のアノ人物やアノニュースをズバッとヒトコトで斬り捨てる!

◎まるっと解決
 ピンからキリまで、星の数ほどいる「二世タレント」であるが。桑田真澄の息子・Mattってのは、今まで見たことない新機軸であるな。

 成功にしろ失敗にしろ、どの二世タレントも、結局のところ「この親にしてこの子あり」が窺えるものだが。これは……。

 「まるで生まれた時からハーフであるかのように装う男性モデル」と、「桑田真澄」。2人の間に、一切関係性は見つけられない。父子で並ばれたりすると、ますますもってよくわからない。「似てないよね」と気軽に口にするのも憚られるような、深い闇が広がるばかりである。

 いっそショーンKの息子であってくれたりしたら、こちらも対応しやすいのに。何だ対応って。

◎目的と手段
 女グセが悪く、真っ黒なタニマチと遊びまくりで、事務所を解雇されたと報道される山本裕典。ま、そういう人間は芸能界において珍しくはないのだが。事務所辞めますか、遊びやめますか、の二択で事務所の方をうっちゃるメンタルとは。

 こうなるともう、何か才を生かすために芸能の道に入ったというより、手っ取り早く女をコマすために芸能人になった、という匂いが。長いこと空いていた二代目押尾学の座が、今ここに決定した。同じ轍を踏まないよう、我々余人には祈ることしかできない。いや、祈る気も特にない。

◎重要な急務

 やんちゃなカゴちゃんといえば、今や加護亜衣ではなく籠池泰典のことであるが。あの証人喚問での、名前を呼ばれるたび手を挙げマイク前に立ち発言する、一連の所作のふてぶてしさたるや。あそこにいる誰よりも政治家っぽいのがカゴちゃんであった。

 そんなカゴちゃんに、いいように使われる結果となったアッキー。反論のFacebookの長い文章に「ああ、この人ダメだな」が香り立つ。愛されない理由は1つではないが、愛されていないという事実は1つ。かまってもらえないかまってちゃんの末路。

 金も名誉も国政さえも、かまっての前には無力である。もういいから、かまってやれよ晋三。こうなったら、それも仕事だ。

mishuran

今井舞(いまい・まい)
週刊誌などを中心に活躍するライター。皮肉たっぷりの芸能人・テレビ批評が人気を集めている。著書に『女性タレント・ミシュラン』(情報センター出版局)、近著に『気になる「あそこ」見聞録』(新潮社)がある。

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

新たな二世タレント「桑田真澄の息子」Mattに願う、たった1つのことのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 週刊ヒトコト斬りのニュースならサイゾーウーマンへ!