今井舞の「週刊ヒトコト斬り」

押切もえの微妙な結婚報道でわかった、井上公造の「使い方」

――毒舌コラムニスト・今井舞が、話題のアノ人物やアノニュースをズバッとヒトコトで斬り捨てる!

inouekozo11.jpg

KOZOクリエイターズより

◎使いみち発見
 井上公造の「予言」のせいで「なーんだ、アモーレの方じゃなくて、そっちかぁ」という肩すかし感に包まれてしまった、押切もえ&ロッテの涌井結婚報道。「言われるまで思い出せなかった」という、小物感までプラス。いやマイナスか。

 それがどんなにひなびた幸せでも、一応「おめでとー(低)」で通過することを儀礼としてきた有名人の結婚報道であるが。一旦、微妙に期待させてから落とすという、こんなツブし方があったとは。芸能界の新しい勢力調整ツールとして、今後需要が増えるかもしれない。「ガタガタ言うと、井上公造から発表させるぞ」つって。

◎一貫しない女
 その髪形だけはやっちゃいけなかった中山美穂。前髪パッツン、鋭角系のモードなボブ。これ、額縁のように顔の各パーツを浮き彫りにする作用があるので、案の定、以前より目元口元の「現実」があらわに。

 「私そういうのを気にしない、アーティスト系の女優でいくんで」という新たな決意表明ということなのかもしれないが。それにしちゃ、登場したトークショーのお題が「Love Letter」。確かにそっち系の主演作ではあるけれど。何年前のだ。

 「素敵な母」も「恋する女」も頓挫し、イメージの持って行きようのない迷宮に入ってしまった中山美穂。迷える今の姿は、ちょっと草間彌生に近い。思いもよらぬ着地点。

◎城島茂に聞いてみよう
 藤島ジュリー景子似の占いオバハンに乗っ取られていた韓国政治。行きつけのマッサージ店の店長やホストを次々と要職に(読売テレビ『情報ライブ ミヤネ屋』情報)。すごいな。普通の「汚職」とはダンジョンが違う。

 このあとは朴槿恵大統領逮捕の流れになっていくんだろうが。「マインドコントロールされてました」って一手を取るかも。「結婚もあきらめさせられ、頼る人も誰もいなくて、何も考えられないよう追い込まれていったんです」つって。実際、ジュリーの方が探られると痛い腹多いだろうし。

 しかし今回の件で一番びっくりさせられたのは、ソウルの検察庁舎に突っ込んだ怒りのショベルカー乗りの技術である。建物を壊す場面ばかりで、突入直前はあまり映像が出てこないのだが。庁舎入り口前の広間の大階段で、「ここ上れるはずないもんな」と警備員たちが遠巻きに見守る中、クルッと後ろ向きになり、アームを使ってスイスイ上がっていく。

 「え? 来るの? ここ上れちゃうの?」って急にみんな右往左往し出したもんな。あれは素人目にもかなりの腕と見たが。ショベルカー乗りの人にとっては、基本的な、大したことのない技術なんだろうか。プロの見識を聞きたい。どっかで検証してくれないだろうか。キー局でやるとカドが立つから、やっぱり『5時に夢中!』(TOKYO MX)の「追跡ベスト8」あたりでひとつ。

mishuran.jpg

今井舞(いまい・まい)週刊誌などを中心に活躍するライター。皮肉たっぷりの芸能人・テレビ批評が人気を集めている。著書に『女性タレント・ミシュラン』(情報センター出版局)、近著に『気になる「あそこ」見聞録』(新潮社)がある。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク