それでも巨根ネタはナシ!

授賞式でマンコ発言をしたイギー・アゼリアを、ジョン・ハムがナイスフォロー!

jonhamm01
巨根でチャーミングなんて、マジ最高!

 日本では海外ドラマ『マッドメン』のドン・ドレイパー役で知られている、俳優のジョン・ハム(45)。『マッドメン』でシリアスな役を演じる合間に『30 Rock』などの爆笑系コメディにもゲスト出演しており、業界から「どんな役も巧みに演じる実力派俳優」と高く評価されている。イケメンで大スターなのにおごらないジョンは、性別や年齢を問わず幅広い層から愛されており、雑誌が「最もセクシーな男性」特集を組めば必ずといってよいほど名前が挙がる人気者なのだ。

 実はジョン、ハリウッド史上最大とまで囁かれるほどの巨根の持ち主としても有名である。2012年、巨根があからさまに浮き出ている姿で交際相手とニューヨークの街中を歩く写真が出回り、「ジョン・ハムのペニスは大きすぎて、サイズの合う服がない」「アナコンダならぬハムコンダ」と世間からネタにされた。

 お笑い好きなジョンだが、自身の体について報じられることは許せなかったようで、「(性器のことを)プライベートな部分っていうのには、理由があるんだ」「放っといてくれよ」と激怒。「まぁ、小さいって言われるよりは、デカいって騒がれた方がマシなのはわかるけど」と憮然としていた。

 そんなジョンも40代半ばになり、気持ちに余裕が出てきたのか、最近では巨根を笑いネタとして使うことが増えてきた。先日、ジョンを「インターナショナル・メン・オブ・ザ・ディケイド」に選出したオーストラリア版「GQ」誌のインタビューでも、「(巨根の話は)みんなにとって魅力的な話題なんだよね。もちろんボクにとっては違うけど」とコメント。過去には「道を歩いているだけで、股間を指されるんだ!」と激怒していたジョンだが、巨根と呼ばれることに慣れ、楽しむ余裕も出てきたようだとファンを安堵させた。

 今回、ジョンが選ばれた「インターナショナル・メン・オブ・ザ・ディケイド」だが、男性誌「GQ」が世界各国で主催している男たちを讃えるアワード「メン・オブ・ザ・イヤー」で贈られるものである。ジョンはオーストラリア版「GQ」の同賞に選ばれ、16日に開催された授賞式にも律義に出席した。

 授賞式では「ウーマン・オブ・ザ・イヤー」に輝いた、オーストラリア出身の白人女性ラッパー、イギー・アゼリアが先に表彰され、受賞スピーチで「この数年間でたくさんの賞をもらったけど、この賞はアタシにとって本当に意味のあるもの。賞を獲得したマンコ持ってますって、やっと言えるし」と発言。会場をドン引きさせるというハプニングがあった。

下半身を見るためだけに『マッドマン』買うわ

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク