UZが帰ってきた!!

織田裕二『IQ246』初回13.1%! 独特すぎる演技は「杉下右京」「古畑任三郎」にソックリ!?

1610_iqoda_1.jpg
『IQ246~華麗なる事件簿~』(TBS系)公式サイトより

 16日、織田裕二主演の新ドラマ『IQ246~華麗なる事件簿~』(TBS系)の初回が放送され、13.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と好スタートを切った。しかし、織田の演技に対して、視聴者からツッコミが噴出しているようだ。

 同ドラマは、IQ246の天才で貴族の末裔でもある法門寺沙羅駆(織田)が、膨大な知識と推理力で難事件を解決していく本格ミステリー。第1話では、沙羅駆が、法門寺家当主の護衛に任命された刑事・和藤奏子(土屋太鳳)と出会い、偶然関わることになった殺人事件に興味を持つ……という内容だった。

「土屋やディーン・フジオカなどの豪華キャストが集まった同ドラマですが、最も注目を集めたのは織田の演技でした。織田は貴族かつ天才というキャラを立てるためか、独特なしゃべり方を披露。視聴者からは『あのしゃべり方はなんなんだ』『しゃべり方がおかしすぎて、ギャグかと思った』『しゃべり方が気になってどうしようもない』などとツッコミが飛び交い、『「相棒」の杉下右京に似てる』『古畑任三郎も入ってる』など、キャラ作りの元ネタ探しする人も相次いでいます」(芸能記者)

 織田は同ドラマの試写会で、沙羅駆を演じるために、どんな役作りをすべきか胃が痛くなるほど悩んだとコメントしていた。第1話の演技にはそうした悩みが現れているのかもしれない。

「そんな同ドラマの初回視聴率は、13.1%。裏番組の玉木宏主演ドラマ『キャリア~掟破りの警察署長~』(フジテレビ系)の第2話は6.2%で、実にダブルスコアで勝利しました。これまで、熱血派の役柄を多く演じてきた織田が、沙羅駆のキャラをどこまで世間に浸透させていけるか。そこが今後の視聴率推移のキーポイントになりそうです」(同)

 果たして『IQ246~華麗なる事件簿~』は、今期を代表するヒットドラマとなれるのか? 次回以降の評判にも要注目だ。

「悩みすぎておかしくなる」なんてUZって繊細……

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  3. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  4. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  5. 新春ジャニオタ放談
  6. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  7. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  8. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  9. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  10. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  11. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  12. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  13. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  14. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  15. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  16. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  17. “もう終わった”イケメン俳優3人
  18. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  19. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  20. 婚約中の浮気も不倫と同じ?

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 『カウコン』意外な舞台裏
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 「捨てられる妻」の典型とは?
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー