難航する『SMAP×SMAP』後番組調整……キムタク初単独バラエティの可能性も?

kimuratakuya0929.jpg

 SMAP解散に伴い、年内での終了が決まっている『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)。だが、先日の10月改編説明会でも「調整、検討中。具体的に決まっている状況ではない」とあったように、後番組の決定が難航している。その舞台裏を、フジテレビ関係者が明かす。

「これまでの報道では、フジテレビ系列と縁の深い関ジャニ∞、ジャニーズが猛プッシュしているジュリー副社長派のNEWS、SMAPにかわいがられているKinKi Kidsの名前が挙がっていました。ところが、局内では『ジャニーズサイドの都合で番組が終わるのに、その後番組がジャニーズ番組でいいのか』という声が噴出。自分たちの編成権を守るために、いったんジャニーズではなく、お笑い番組にしてみてはどうかとの提案がなされました」(同)

 ところが、いまや、あらゆる番組が爆死中のフジテレビ。うっかり出演してコケたりしようものなら、商品価値の暴落は必至。人気芸人たちも、二つ返事で出演OKとはいきそうもないようだ。

「局内でも、視聴率のことを考えたらジャニーズなしでは厳しいことがわかっているので、そのジレンマが悩ましいところだった。そんな折、SMAP解散で“裏切り者”のレッテルを貼られている木村拓哉のイメージ回復のために、バラエティに進出させるプランがジャニーズ内で浮上。先のお笑い芸人案との折衷案で、『キムタク×明石家さんま』『キムタク×マツコ・デラックス』を軸に、そこにジャニタレやお笑い芸人がコントをやるなりして絡ませてはどうかという企画が挙がっているようです」(同)

 世間からネガティブなイメージを持たれている、フジテレビとキムタク。マイナス×マイナス=プラスの論理で、復活となるか?

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク