フジ、ギリギリを攻め間違う

『テラスハウス』女子高生の告発にヤラセ疑惑! 「フジはゲス」の猛批判

1609_teraha_1.jpg
『テラスハウス』(フジテレビ系)公式サイトより

 シェアハウスに同居する男女の姿を追ったリアリティーショー『テラスハウス』(フジテレビ系、2012~14年)の続編『TERRACE HOUSE BOYS&GIRLS IN THE CITY』(同、Netflix)が、27日に最終回を迎えた。同シーズンでは、出演者である29歳の男性と女子高生が、カメラの回っていないところで“密会”を行っていたことが放送内で暴露され、ネット上で物議を醸している。

 騒動の発端は、9月6日に放送された第43話。出演者の女子高生・永井理子と元俳優の寺島速人が、隠れて同じベッドで夜を明かしていたことが、ほかの出演者によって明かされたのだ。


「永井は『女子高生ミスコン2015‐2016』でグランプリを受賞した、通称“日本一かわいい女子高生”です。第43話以降、清純派をアピールしていた彼女が、寺島と裏で密接な関係を持っていただけでなく、カメラの前でキャラを作っていたと打ち明けたことで、ネット上に波紋が広がりました」(芸能ライター)

 放送を受け、永井と寺島のインスタグラムには、「2人の行為は、『テラスハウス』への冒涜」「限りないイメージダウン」「カメラのないところでイチャイチャしてたのを知ってドン引きした」など批判コメントが殺到。ネット掲示板などでも「女子高生っていっても、19歳らしいから淫行には当たらないけれど、29歳の男が未成年に手を出すという時点でちょっと……」「つまりセックスしてたってこと? かなり気持ち悪い」「内容が下品すぎる」といった声が飛び交うなど、永井と寺島、そして番組自体に嫌悪感を抱く人が続出した。

「そんな中、この展開に『台本があるのでは?』と指摘する声も少なくありません。以前のシリーズでは、出演者の1人が『メイクルームで(チュートリアルの)徳井(義実)さんにばったり会って』と発言し、ネット上で『テラスハウスで生活してるはずなのに、なぜメイクルームで徳井に会うの?』という声が疑問の声が噴出、ヤラセ疑惑が巻き起こったことがありました。そういった背景もあって、永井と寺島の関係も、台本があるのではと疑う人が多くいるんです」(同)

 今回の炎上を、“仕込み”と見る人からは、「やることがゲスすぎる」など、放送局のフジテレビを批判する声も続出している。11月からは、新シーズンが始まると予告されているが、またこうした炎上が勃発することとなるのだろうか?

逆にヤラセであってほしい

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 村主章枝、フルヌード解禁も苦情殺到
  2. “老害”扱いのAKBメンバー3人
  3. 韓国大企業の汚職を暴くドラマが話題
  4. 嵐・櫻井翔、結婚はない?
  5. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  6. 安藤美姫、ビキニ姿にアンチ爆発
  7. 小嶋陽菜、乃木坂に激怒のワケ
  8. アンチ急増中miwaの業界評
  9. 松田龍平妻の不倫相手探しが激化!
  10. 芸能人衝撃のマタニティフォト集
  11. 二度と仕事したくないAKB48メンバーは
  12. マスコミ騒然となった「GACKTへの質問」
  13. 30代以上のプチプラコスメはアリナシ?
  14. 佐藤勝利がとらわれる3つの呪縛
  15. 不幸が続く山口智充の不運
  16. 坂口杏里、AVの“Amazonレビュー激減”
  17. 城島茂の体当たりSMプレイが19%超
  18. 「Domani」結婚企画、誰も結婚できなそう
  19. 中居正広、仕事は好調、結婚も近い!?
  20. 石原さとみの顔はエロいのか?

ジャニーズの人気記事

  1. 嵐・櫻井翔、結婚はない?
  2. 佐藤勝利がとらわれる3つの呪縛
  3. 城島茂の体当たりSMプレイが19%超
  4. NEWS・小山、交際女性が発覚か
  5. 実力Jr.仲田拡輝、退所か

カルチャーの人気記事

  1. 「Domani」結婚企画、誰も結婚できなそう
  2. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  3. 義母の金を搾取しまくり介護は拒否!! 義姉さん、あなた人間の心持ってますかぁー?
  4. 「いい病院」特集に、主治医との恋バナ!?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. メリル、ドレスをめぐる誤解に激怒
  2. ブリトニーの非公認自伝映画が炎上中
  3. ザ・ウィークエンドの新曲がエグい!
  4. C・ブラウン、ボクシング対決を放棄
  5. 私たちが知らない『クリミナル・マインド』の7つのこと