SMAP香取慎吾、解散で芸能界引退へ? アパレル業界で個人ブランド立ち上げも……

katori0822

 SMAP解散を最も望んでいたと伝えられる香取慎吾には一部で引退説まで伝えられているが、まるでそれを裏付けるかのように、アパレル業界では香取の個人ブランド立ち上げ話が浮上している。

 香取は一昨年、2トントラック2台分に相当するという総額2億円の私服をまとめたフォトブック『服バカ至福本』(集英社)を出したことがあるほどのファッション通で、その手の業界人との親交も多い。そのひとりであるスタイリストによると「長年、慎吾さんに服を提供していた業界人のAさんが、今年の3月ごろ『慎吾ブランドに5億円を出資したい』なんて話をしていた」というのだ。

 今年3月といえば、一連の独立騒動がいったん収束した後のこと。今回の解散発表と合わせて考えれば、香取のファッション業界転身とも取れる話ではある。

 ジャニーズ事務所の御用メディアであるスポーツ紙からは、名指しで解散のA級戦犯扱いにされている香取だが、メンタル的にかなり参っているかと思いきや、『SmaSTATION!!』(テレビ朝日系)のスタッフは「打ち合わせも収録も普段と変わりなく、明るかった」という。対立したメンバーと顔を合わせなかったからかもしれないが、その吹っ切れたような態度は、すでに将来のプランを固めているから、という可能性もある。

 香取は対立した木村拓哉との確執が強いといわれるが、それはイコール、ジャニーズ事務所との対立を意味するもの。そうなればこのまま芸能界にいたところで冷遇されるだけで、これまで稼いだ巨額の資産もあることから、さっさと芸能界を出て行くのではないかという見方も成り立つ。そんな中、ファッションつながりの有力者であるA氏が手を差し伸べるとあれば、神田うのばりにアパレルブランドを立ち上げ、実業家となるというのも自然な流れだ。

「Aさんは、幅広いタレントの服も手掛けている関係から、自分の会社では表立って慎吾さんのスポンサーになることは難しいようで、慎吾さんが会社を立ち上げて、そこに個人出資する形を取れるなら、裏方でバックアップできると考えているようです」とスタイリスト。

 ただ、香取はジャニーズ事務所との契約が来秋まで残っており、今すぐ動くわけにはいかないだろう。また、実業家転身に懐疑的な芸能関係者もいる。香取の出演番組を手掛けたことがある放送作家は「少年時代からやってきたタレント業を辞めたいようには見えない。ファッション好きでも、それで商売するのは別の話だしね」と言っている。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  2. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  5. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  6. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  7. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  8. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  9. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  10. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  11. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  12. “もう終わった”イケメン俳優3人
  13. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人
  14. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  15. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  16. りゅうちぇる、ビジネス結婚報告の手法
  17. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  18. 木村拓哉、“かつてのタブー”大解禁?
  19. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  20. “意外すぎる”不倫常習犯タレント

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  2. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  3. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  4. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  5. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露

カルチャーの人気記事

  1. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  2. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  3. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  4. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  5. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに