麻取が徹底マーク中!?

薬物疑惑の『紅白』出場歌手Xとは? 「ホテルを極秘捜査」「別人のような容姿に」

1607kiyou.jpg
Photo by Bart Everson from Flickr

 覚せい剤取締法違反で逮捕された元俳優・高知東生は、芸能界を引退する昨年6月以前より麻薬取締官、通称“麻取”にマークされていたといわれる。警視庁の組織犯罪対策部と同様、厚生労働省に属する麻取も、日々薬物疑惑を持つタレントの動向に目を光らせているそうだ。そんな中、過去『NHK紅白歌合戦』にも出場経験がある超有名アーティスト・Xは、幾度となくこの捜査の網をかいくぐっているという。

 Xの活動歴は20年を超え、自身の楽曲だけでなく、さまざまなプロデュース作品で多数のヒットを飛ばしている。また、その独特なキャラクターや知名度から、音楽番組だけでなくバラエティで姿を見る機会も。そんな幅広い世代から支持を得ているXだが、不穏なウワサは数年ほど前からささやかれるようになった。


「一部報道で、『Xの薬物疑惑』が報じられ、周囲の関係者が騒然となりました。ひと昔前に比べて、容姿が別人のようになったともいわれてましたし……しかし、本人の活動に影響が出ることもなく、現在も変わりなく公の場に姿を見せています」(情報番組スタッフ)

 この報道が出る以前より、当局はXをマークしており、つい最近もこんな“事件”が発生していたという。

「今年Xが地方公演で滞在していたホテルに、極秘で捜査が進められたんです。Xが部屋をチェックアウトした後に、捜査官によるチェックが行われました」(宿泊施設関係者)

 捜査の狙いは、ゴミ箱や灰皿、ティッシュなど、Xが薬物を使用した痕跡だったという。ところが、結果は“シロ”だった。

「捜査が入ったXの部屋は、まるでベッドメイク後かのように、不審物どころかゴミひとつない状態だったそうです。極秘とはいえ関係者の許可を取って現場を調べたわけですから、麻取にはXが違法薬物に手を染めている“確証”があったはずなのですが……」(同)

 こうしたXへの捜査は、これ以外にもたびたび行われているものの、「まったくしっぽを掴ませない」(同)という。X本人も、自身に疑惑が向けられていることは百も承知としか考えられないが、果たしてこのイタチごっこはいつまで続くのだろうか?

ASKAのブログを「薬物乱用防止啓発テキスト」にすべき

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  5. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  6. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  7. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  8. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  9. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  10. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  11. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  12. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  13. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  14. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  15. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  16. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  17. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  18. 『べっぴんさん』新入社員に視聴者熱視線
  19. “もう終わった”イケメン俳優3人
  20. 「二度と仕事したくない」勘違い女優

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  5. キムタクは「がんばっちゃう男」である

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  4. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  5. 私たちが知らない『クリミナル・マインド』の7つのこと