仁科友里の「女のためのテレビ深読み週報」

スピードワゴン・井戸田潤、自称「あげまん」を憎悪する姿に見る“威張る男”の真意

speedwagon_prf.jpg
スピードワゴン公式プロフィールより

羨望、嫉妬、嫌悪、共感、慈愛――私たちの心のどこかを刺激する人気芸能人たち。ライター・仁科友里が、そんな芸能人の発言にくすぐられる“女心の深層”を暴きます。

<今回の芸能人>
「オレと小沢さんの努力だからな」井戸田潤
『ノンストップ!』(フジテレビ系、7月18日)

 寝たオトコにツキをもたらすオンナ、あげまん。男性からすると夢のような存在だが、あげまんにこだわっているのは、実は女性なのではないかと思う。

 例えば、大リーガーの妻(里田まいやイチロー夫人・福島弓子)や、ノーベル賞受賞者などの妻を取材し、「成功の秘訣」として食生活や行動哲学を女性誌が特集することがあるが、冷静に考えてみてほしい。偉業を達成した彼らと同じ食事や行動をしたからといって、夫本人に才能がなければ、結果は出ない。にもかかわらず、こういった特集がなくならないのは、「家(家族)を大成させてこそ、オンナ(故に、家の不祥事もオンナの責任)」という一昔前の価値観が消えていないからではないだろうか。;おj

 一方の男性はどうかというと、「あげまんのおかげで現在がある」を口にする人を、少なくとも私は見たことがない。例えば、売れたミュージシャンはよく糟糠の妻を捨てるし、ビートたけしのような成功者も、「自分は宝くじに何回も当たったのと同じくらいラッキー」と言うことはあっても、「妻があげまん」と言うことはない。男性週刊誌に、夫の業績から、女性タレントのあげまん度を診断する特集が載ることがあるが、その特集を作る編集者も読者も一般人男性だろう。つまり、成功者はあげまんを明示せず、旧来の価値観に縛られる女性と、成功者とは言い難い男性が「あげまん」に固執していると言えるのではないか。一般既婚男性が「〇〇はあげまん」と言う場合、背後にあるのは「俺の妻はあげまんではない、だから、俺は成功しない」という“言い訳”であるように私は感じる。

 「あげまん」という言い方そのものを嫌う男性も多い。7月18日放送の『ノンストップ!』(フジテレビ系)において、視聴者から「私の元カレはJリーガー、その前の元カレはキックボクシングの日本チャンピオンになった。私は男を育てる女」とあげまん宣言とも思える投稿があったが(余談だが、別れた後に彼氏が大成するのなら、あげまんなのは次の彼女なのではないだろうか)、これに不服そうな顔をしたのが、スピードワゴン・井戸田潤である。

 井戸田はこういう発言をする女性が大嫌いのようで、「私と付き合ってから、仕事が増えたよね」といってきたという昔の彼女に対して、カメラ目線で「絶対違う。オレと小沢さんの努力だからな」と叫んでいた。それは努力を重ねてきた自負というより、「オンナごときに言われてたまるか」という主張に感じる。

陣内と井戸田は匂うんだよな~

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  2. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  5. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  6. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  7. りゅうちぇる、ビジネス結婚報告の手法
  8. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人
  9. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  10. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  11. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  12. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. 芸能プロ震撼させた「暴露ブログ」
  15. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  16. 煙たがられているゴリ押し若手女優
  17. 「臨場」シリーズもご臨終……。内野聖陽がショックのあまり白髪に
  18. 香里奈『嫌われる勇気』、視聴者総スカン
  19. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  20. GENKING、元カレ質問で大失態

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  2. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  3. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  4. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  5. ジャニーズ生写真売り上げ【12月】

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  3. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  4. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー