『極妻』ファンと同じ気持ちね!

ファン大興奮! 筋金入りのギャングスタ・ラッパー「ザ・ゲーム」が、ギャング疑似体験アプリを発売

TheGame.jpg
いまだって「現役感」が出ているゲーム

 筋金入りのギャングスタ・ラッパーとして高い人気を誇る、ザ・ゲーム。彼は、「アメリカで最も犯罪率が高い都市」といわれるカリフォルニア州コンプトンの中でも、最も危険なサンタナ・ブロック地区で育った。

 サンタナ・ブロックは、殺人、強盗、麻薬売買などの凶悪犯罪を平然と行うギャング「クリップス」が支配する地区。「クリップス」は、黒人を中心としたアメリカ最大ともいわれるストリートギャングで、ゲームの両親もメンバーだった。友人が銃殺され、兄も殺されるという劣悪な環境の中で育ったゲームは、5歳のときに、ヘロインでハイになった父親が姉を強姦しているところを目撃。「今でもトラウマになっている」と語る彼は、思春期になると「クリップス」には入らず、敵対していたギャング「ブラッズ」に入った。

 まるでギャングの申し子のようなゲームだったが、190センチを超える長身を生かし、バスケットボールの選手として頭角を現すようになり、コンプトン高校を卒業後、ワシントン州立大学にバスケットボールの奨学生として進学。しかし、薬物所持が見つかり、退学に。自暴自棄になったゲームは、ストリートギャングの世界にどっぷりと漬かるようになった。2001年10月には、自宅を男たちに襲撃され、5発被弾。3日間昏睡状態になり、意識を取り戻した後に、ラッパーになる決意をし、そのリアルなリリックで一躍スターダムにのし上がったのだ。

 そんなゲームが、ギャングの日常を体験できるというゲームアプリをリリースすると報道された。

 米大手ゴシップ芸能サイト「TMZ」によると、そのゲームアプリは、コンプトンが舞台の『Block Wars』というタイトル。ライバルと戦い、マリファナや銃、ナイフやビル、車を売りながら、ストリートを制覇していく内容で、ゲームは「フッド(地元)のボス」として登場する。

 「TMZ」に掲載されたアプリの紹介動画では、ストリートで仲間とたむろしているところ、暴走してきた車から銃撃されたり、地下室と思われる基地で丸テーブルを囲み、作戦を練っているシーンなどが確認できる。銃撃戦では、セクシーな女性が撃たれて白目をむいて倒れたり、作戦シーンの丸テーブルには札束や拳銃が乱雑に置かれ、ナイフが突き立てられているなど、かなりリアルだ。

「戦力となる舎弟」これ一番大事!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 嵐、JUMPらジャニーズ性風俗事情
  2. NEWS・小山、交際女性が発覚か
  3. 松田龍平、離婚報道で母が異例の対応
  4. 映画『相棒』過去最高ヒットの謎
  5. 岸優太の無邪気さはTOKIO・長瀬系?
  6. 指原莉乃初センター曲が「過去最低」
  7. ブリトニーの非公認自伝映画が炎上中
  8. 『カルテット』衝撃ラストに視聴者あ然
  9. 指原莉乃、白石麻衣に嫉妬むき出し!?
  10. ジャニーズの夜の顔をエステ嬢が暴露
  11. ホテル従業員、Jr.情報を漏洩
  12. 「あの女性犯罪者」、塀の中の素顔
  13. KinKi・光一の「口淫」報道にファン呆然
  14. Jr.・京本、口淫・本番強要報道!
  15. 浅野忠信だけ空気感が違うナゾ
  16. 「レプロは偉い」と担ぐ芸能ムラの人々
  17. バストも自信もアップした秘密
  18. 『べっぴんさん』視聴者人気最低キャラは
  19. ジャニーズ・N、禁断のベッドエピ発覚
  20. 月9キスハグシーン連発が嘲笑の的に

ジャニーズの人気記事

  1. NEWS・小山、交際女性が発覚か
  2. 岸優太の無邪気さはTOKIO・長瀬系?
  3. ジャニーズの夜の顔をエステ嬢が暴露
  4. ホテル従業員、Jr.情報を漏洩
  5. KinKi・光一の「口淫」報道にファン呆然

カルチャーの人気記事

  1. 年金ドロボーの守銭奴! 義母の生活費10万円にたかりまくる義姉にブチ切れ寸前
  2. 瓜田が『ハイロー』『おそ松』を斬る
  3. 植本一子「理想の家族像」から解き放たれて
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 今月号もひどい「CLASSY.」の恋愛企画

海外ゴシップの人気記事

  1. ブリトニーの非公認自伝映画が炎上中
  2. ベン・アフレック夫妻、やっぱり離婚へ
  3. ザ・ウィークエンドの新曲がエグい!
  4. 男性セレブのジューシー半裸写真集
  5. 私たちが知らない『クリミナル・マインド』の7つのこと