佇まいが高貴すぎて……

野村萬斎『スキャナー』大コケ!! 「初日から観客4人」「お金払う作品じゃない」の声続出

2016scaner.jpg
『スキャナー』公式サイトより

 4月29日に公開した映画『スキャナー 記憶のカケラをよむ男』が、大コケしているという。主演は狂言師で俳優としても人気が高い野村萬斎。彼を目当てに映画館に足を運ぶ客もいるようだが、そんなファンからも「安っぽい2時間ドラマみたいだった」などと酷評されている。

 同映画は、野村演じる主人公が残留思念を読み取る能力を使って、相棒役の雨上がり決死隊・宮迫博之とともに行方不明者を捜索し、事件解決に挑むストーリー。野村は今回の映画で現代劇に初挑戦。さらに、脚本は映画『ALWAYS 三丁目の夕日』シリーズやテレビ朝日系の人気ドラマ『相棒』シリーズなどを手掛けた脚本家・古沢良太ということで、ファンは大きな期待を寄せていた。


 しかし、興行通信社調べの映画ランキングによれば『スキャナー』は初週のトップ10入りを逃し、11位を記録。その後もトップ10には一度も浮上していない。

「全国243スクリーンという公開規模で、この成績はかなり厳しい。同映画とさほど変わらない全国283スクリーン数で公開中の大泉洋主演『アイアムアヒーロー』は、公開2週目でも6位にランクインしており、『スキャナー』の爆死ぶりを際立たせています。ネット上では『休日なのにガラガラ』『初日なのに観客4人』など、劇場に閑古鳥が鳴いているという報告も上がっています」(テレビ局関係者)

 実際に映画を見たネットユーザーからは、「映画にしては地味な感じがして、テレビでやる程度でちょうどよかった」「萬斎が好きだから見たけど、お金を払って映画館で見るほどじゃなかった」「テレビの2時間サスペンスくらいの仕上がりかな。萬斎さんの無駄遣い」といったネガティブな書き込みが少なくない。

「萬斎主演映画といえば、2012年の『のぼうの城』、それ以前にも『陰陽師』シリーズなどヒットを記録しているだけに、今回の大コケは相当な痛手。野村の演技はやはり時代劇向きで、現代劇はファンにとっても違和感しかなかったようです。また、宮迫との組み合わせも『イマイチ魅力に欠けるコンビ』といった声も出ていますし、ほかのキャストも木村文乃やちすんなどやや地味目。全体的にキャスティングミスだったといえるでしょう。さらに、重要な役どころで関ジャニ∞・安田章大が出演しているのですが、『ジャニーズ出演映画は、ファンの動員が見込める』という映画業界の定説を覆してしまったかたちです」(同)

 内容に関しても「サスペンスやミステリー、ホラー全てを詰め込んだような設定も、結局は中途半端になってしまっていました」(同)といわれるだけに、この大コケは当然の結果なのかもしれない。今回は作品に恵まれなかった野村だが、来年には時代物の映画『花戦さ』の主演が決まっている。本人としては、一刻も早く名誉挽回したいところだろう。

同日公開『テラフォーマーズ』のおかげで発見が遅れた

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



オンナの[裏]掲示板 新着コメント

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  2. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  3. 『カウコン』意外な舞台裏
  4. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  5. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  6. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  7. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  8. 芦田愛菜、テレ東深夜転落
  9. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  10. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  11. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  12. キャラ変え好調の乙武洋匡
  13. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  16. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  17. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  18. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  19. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  20. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”

オンナの[裏]掲示板人気トピック

ジャニーズの人気記事

  1. 『カウコン』意外な舞台裏
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. 覚せい剤使用体験の天国と地獄
  5. 閉経への期待が高まる「快楽白書」

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決