結婚間近じゃなかったの!?

くりぃむしちゅー・有田哲平、一般女性と同棲スクープで「ローラ崖っぷち」の理由

rola2015kaiken.jpg
もっと太い男をつかんでいてほしい

 2012年にモデル・ローラとの交際を報じられたくりぃむしちゅー・有田哲平に“ほぼ同棲状態”の女性がいると、28日発売の週刊誌「フライデー」(講談社)がスクープした。同誌によれば、有田のお相手は一般人のスレンダー美女。15年に購入が報じられた有田の総額3億円の豪邸に出入りし、日用品や食材の買い物をする姿や、有田と一緒に車に乗っている場面も目撃されているという。

「マスコミの間では、ローラと有田の交際説は根強く、12年の報道以降、断定的に“結婚”を報じるメディアが続出しました。2人そろってずっと否定し続けてはいましたが、その一方でローラの所属事務所は、この件に相当ナーバスになっており、直接問い合わせた記者が『あり得ない!』と怒鳴られたことまであったそうです」(週刊誌記者)

 さらに、14年にローラの実父でバングラデシュ国籍のジュリップ・エイエスエイ・アル氏が詐欺容疑で逮捕されて以降は、ローラの“マスコミ対策”にも変化が起きたという。

「イベントなどで取材に応じると、父親の件に話題が集中してしまう。そこで、父親の逮捕後は囲み取材を行わなくなったんです。ただ、それ以前から取り沙汰されていた有田との交際疑惑は、父親の件から話題を逸らすのにはうってつけだった。15年にローラが出席したイベントでは、ちょうど有田との結婚報道が再浮上したタイミングとも重なっていたため、関係者は報道陣が結婚について質問したことをとがめないばかりか『そのシーンを積極的に使ってほしい』と言わんばかりの対応を見せていました」(同)

 いつしかローラは、マスコミ対策に有田との“交際ネタ”を利用するようになっていたという。今年に入ってからも結婚が報じられたが、ローラは報道陣に対して「(有田とは入籍)しないんだけどー」と、慣れた調子で対応していた。

「しかし今回の報道で破局が決定づけられ、ローラは“持ちネタ”をも失ってしまった形です。12年には歌手デビュー、また一時期は日本を捨てて海外に活動の場を移すともいわれていましたが、近頃では国内のバラエティやイベントでも再び姿を見せるようになってきた。そこで最も注目度が高かった有田ネタも失ったとあって、マスコミから飽きられてしまう可能性がありますね」(ワイドショースタッフ)

 ローラは今後、有田をネタにし続けた代償を払うことになるのかもしれない。

中居の方には来なくて大丈夫で~す!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク