サイゾーウーマン勝手に調査団

乙武洋匡よりヤバい!? まだ世に出ていない“意外すぎる”不倫常習犯タレントとは?

2016hurinx.jpg
逆に夢が広がるファンも多いんじゃ?

 乙武洋匡氏の不倫報道が世間を騒がせている。5人との関係を持ったことを自供したことに加え、妻に謝罪させたことなどがネット上で話題になり、「清廉潔白な人物だと思っていたのに」と批判が噴出。イメージとはかけ離れた私生活での乱行に、メディアもこぞって続報を伝えている状況だ。そこで今回は、まだ世に知られていない“意外すぎる”不倫芸能人をマスコミ関係者に聞いた。

 数年前にアーティストの妻と結婚し、子どもももうけている俳優・E。彼はドラマやCMなど、テレビ露出の多い売れっ子俳優で、男女問わず人気を集めているが、かねてから私生活、特に泥酔時のトラブルがささやかれている。


「普段は物静かなEですが、お酒が入るとまるで別人のように変貌してしまい、共演者からも怖がられています。そして、泥酔時は下半身のタガも外れてしまうのか、キャバクラ嬢から一般人まで口説きまくっているんです。当然、Eほどの有名人とあって、お持ち帰りされる女性は後を絶ちません」(ワイドショースタッフ)

 同じく有名人の妻を持ち、長らく第一線で活躍中のアーティスト・Hも、不倫疑惑が絶えないという。彼の“手口”は一貫しており、ほだされて関係を持った女性の中には、彼自身のファンや音楽業界関係者も含まれているという。

「少々浮世離れしたイメージのあるHですが、彼はターゲットの女性に対して『妻とうまくいってない』『家庭に居場所がない』と、とにかく虐げられている夫像をアピール。あの美形に加えて、弱い部分をさらけ出すことによって、女性の同情を引いているようです」(週刊誌記者)

 そして大物女優と結婚したマルチタレントのOも、有名な不倫常習者なのだという。音楽に演技、バラエティとなんでもこなすOは、一時は“仮面夫婦疑惑”も伝えられていたが、最近ではテレビ番組で妻のことを自ら話すことも少なくない。

「Oは音楽業界では有名な“セックスマシーン”で、身近な女性でお手つきになっていない者などいないのでは。有名な逸話ですが、ライブツアーに参加する女性メンバーやスタッフは、まずOと肉体関係を持たなければいけないというルールがあるそうですよ。彼がオーディションを行うたびに、『この子は受け入れた』『あの子は拒否した』といったウワサが流れてきます」(音楽ライター)

 いずれも公にはなっていない3人の不倫事情だが、なんらかの形で世に出てしまえば、乙武氏のような大騒動に発展する可能性が高い。次から次へと飛び出す不倫報道が、彼らの自制心を働かせるきっかけになってくれればいいものだが。

不倫で炎上する人としない人の違いってなに? 

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  5. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  6. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  7. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  8. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  9. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  10. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  11. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  12. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  13. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  14. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  15. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  16. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  17. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  18. “もう終わった”イケメン俳優3人
  19. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  20. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  5. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  5. 私たちが知らない『クリミナル・マインド』の7つのこと