ホラッチョの疑惑が止まらない!

ショーンK、幻の釈明インタビュー! 米国人の実父は「信ぴょう性なし」で掲載見送りへ

2016seankp.jpg
サンディ公式サイトより

 19日のラジオ出演以降、一切の露出がなくなってしまったショーンKことショーン・マクアードル川上氏。16日発売の「週刊文春」(文藝春秋)に、学歴や経歴の詐称疑惑を報じられたことによって、番組降板が相次いだためだ。こうして雲隠れしたはずのショーン氏だったが、その裏で一部メディアの取材に応じ、疑惑の釈明を行っていたという。

 ショーン氏の“最後の出演”となったのは、19日放送のラジオ番組『MAKE IT 21』(J‐WAVE)。ショーン氏は涙ながらに、「メディア活動の停止を決断しました」と報告した。

「こうした“被疑者”が登場すると必ず、逆に本人を擁護する記事を展開する週刊誌が出るもの。一例を挙げると、大沢樹生の実子騒動が勃発した際、一部女性誌が『父親は大沢さんです』と断言する元妻・喜多嶋舞のインタビューを掲載。メディアを通じた代理戦争へと発展しました」(芸能ライター)

 ショーン氏も、ラジオ降板の直前に、一部週刊誌が本人のインタビューを取ることに成功していたという。

「24日発売の『文春』にもショーン氏のインタビューが掲載されていますが、こちらは前号発売前に、本人が編集部を訪れた際収録されたもの。前号発売後に、『文春』とはまた別の週刊誌の取材に応じたそうなんです。自分には育ての親と実の父・マクアードルさんが存在するなど、『文春』で報じられたのと同じ釈明をしていたんだとか。ところが、結局ショーン氏の記事は掲載が見送られることとなってしまったようです。担当編集が『彼の話には信ぴょう性がない』と判断したといいます」(同)

 芸能界ではたびたび目にする、こうした“逆張りインタビュー”だが、それがボツになるのはまさに前代未聞。しかし、戸籍上の父親は日本人であるものの、会ったこともなければ両親に確認さえしていない実の父「マクアードルさん」の存在は、「何とも苦しい言い訳ではないでしょうか」(同)。

「ただ、現在報じられているショーンの発言は、確かに突拍子もない“ネタ”ばかりですが、彼を目の前にすると、不思議と納得してしまうことがあるんです。外見はもちろんのこと、あの“イケボ”といわれる耳に心地よい低音の声で淡々と話されると、彼に敵意のない人間であれば、男女問わず彼を応援したくなると思いますよ」(ワイドショースタッフ)

 今回、釈明の機会を見送られてしまったショーン氏だが、少なくとも世間に対して「ここは違う」と主張したい気持ちはあるということだろう。それが記者会見といった場になるのか、主戦場だったラジオ番組なのか、あるいは文章のみの“手記”といった形になるのかはわからないが、ぜひとも数々の疑惑に対する釈明を聞いてみたいものだ。

鼻はマクアードルさん譲りってこと?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  3. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  4. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  5. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  6. 新春ジャニオタ放談
  7. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  8. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  9. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  10. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  11. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  12. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  13. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  14. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  15. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  16. “もう終わった”イケメン俳優3人
  17. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  18. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  19. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  20. 『カルテット』視聴率左右するシーン

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. 『カウコン』意外な舞台裏
  5. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー