時事ネタ満載!!

有村架純月9『いつ恋』、8.9%で最低更新! 「ただの二股野郎」展開で視聴者離脱も?

1602_ituka_01.jpg
『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』(フジテレビ系)公式サイトより

 2月8日に放送された、有村架純&高良健吾主演の月9ドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』(フジテレビ系)第4話の視聴率が、8.9%(ビデオリーチ調べ、関東地区/以下同)だったことがわかった。

 同ドラマは、つらい過去を背負いながらも前向きに生きる音(有村)と練(高良健吾)、そして彼らを取り巻く木穂子(高畑充希)、朝陽(AAA・西島隆弘)、小夏(森川葵)、晴太(坂口健太郎)らによる、小さな恋の物語が描かれる純愛ラブストーリー。第4話では、木穂子が練に、もう不倫相手に会わないことを約束するところから始まり、2人は付き合うことを決意。しかし練は、自分に告白してくれた音にも想いを寄せており、心の中に葛藤が生まれる。練はどうしたらいいかわからず、音に冷たい態度で接していたが、ついに「あなたのことが好きでしたがその想いはあきらめる」「これからも冷たく接する」と告げ、音はそれを受け入れ涙する……といったストーリーが展開された。

「ファンからは、『切ないシーンの連続で毎回泣ける』と好評の『いつ恋』ですが、第4話での練の行動に対しては、『なに自分だけスッキリしてるんだよ』『好きでしたとか言う必要あった?』『この告白は、木穂子にも音にも失礼だ』『ただの二股野郎』などと非難の声が女性視聴者を中心に多く出ています。中には、最近の芸能スキャンダルにかけ、『練くん、音ちゃんに実家の話をするとか、やってることがゲス乙女・川谷』『練が音に告白? 狩野英孝パターンですか?』などのツッコミが飛び交いました」(芸能誌ライター)

 そして視聴率も、第1話の視聴率が11.6%、第2話の視聴率が9.6%、第3話が10.0%と推移していたが、今回は8.9%と最低視聴率を更新。「このままでは、悪い意味で月9の歴史に残ってしまいます」(同)という意見も。

「『いつ恋』はハマらない人にはとことんハマらないらしく、初回から『月曜には重すぎる』『暗すぎる』という声は多く上がっていましたが、ここにきて、主人公の1人である練に対して反発の声が出たことで、今後の視聴率にどう動きがあるかは見ものですね。このまま数字を下げ続け、尾野真千子主演『極悪がんぼ』が記録した、歴代月9最低全話平均視聴率9.9%、1話あたりの歴代月9最低視聴率7.8%を同時に塗り替えてしまわなければいいのですが」(同)

 今月1日には、4月より福山雅治が結婚後初の連ドラ主演を月9枠で務めることが発表され、世間の注目を集めている。現在放送中の『いつ恋』が蚊帳の外となってしまわないことを祈るばかりだが……。

練は女同士の飲み会で一番重罪にされるヤツ

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク