ミスチルばりに「She So Cute」 って叫んでる!

「ケイト・ハドソンとセックスしてる?」と聞かれたニック・ジョナスの回答が男前すぎる!

NickJonas01.jpg
「どもー、ニック・ジョナスで~す」と登場しそうな親近感あるポーズ

 2人の兄と共に結成したバンド「ジョナス・ブラザーズ」で、世界中のトゥイーンやティーンから絶大なる人気を誇ったニック・ジョナス(23)。バンド解散後、ソロ活動をするにあたり、クルクルヘアを丸刈りにしたり、ヒゲを伸ばすなどして大人の男性へと成長したことをアピール。これが「セクシー!」だと大当たりし、曲も大ヒット。いまは「第2のジャスティン・ティンバーレイク」として、注目を集めている。

 アイドル時代からプレイボーイとして有名だったニックは、マイリー・サイラス(23)、セレーナ・ゴメス(23)との交際を経て、2歳年上のイギリス人歌手サマンサ・バークスや、8歳年上のオーストラリア人歌手のデルタ・グッドレムと交際し、「年上好き」と騒がれるように。ところが2013年に同じ年のモデル、オリビア・カルポと付き合いだし、安定した交際へと発展したため、このまま落ち着くのかとみられていた。しかし、オリビアとは昨年破局。以降、複数の女性とウワサは流れており、その中でも9月末に激写された女優のケイト・ハドソン(36)とのパパラッチ写真は、大々的に報じられた。

 ニックは、これまでケイトとの関係について「話すことじゃないから」「胸に秘めておきたいものってあるだろう?」と発言。否定も肯定もせず、ノーコメントを貫き通してきた。

 そんな硬派なニックに、米男性誌「Complex」の副編集長ケレンサ・カデナが押し押しのオバさんパワーでニックに直球質問を投げたのだが、それに対するニックの回答が素敵だと、ネット上で大きな話題になっている。

 「Complex」最新号に掲載されているインタビューは、数時間にわたり、ビールやテキーラを飲みながらリラックスした状態で行われたとのこと。

 まずは、音楽の話からスタート。最も影響を受けた歌手を聞かれたニックは、「シャナイア・トゥエイン」と即答。艶やかな大人の色気のあるシャナイアは、グラミー賞を獲得したこともある人気カントリー歌手で、現在50歳。カントリーとポップをクロスオーバーさせた曲に影響されたと言いつつも、10歳のときにテレビで見た彼女の衣装をはっきりと覚えていると明かしたり、「シャナイアが自分のTwitterをフォローし始めたと知ったとき、オレは成功したって実感した」と語ったりと、子どもの頃から年上好きだったよう。

「恐縮です」と言いながら聞くのがジャパニーズスタイル!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. りゅうちぇる、ビジネス結婚報告の手法
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  4. 芸能プロ震撼させた「暴露ブログ」
  5. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人
  6. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  7. 「臨場」シリーズもご臨終……。内野聖陽がショックのあまり白髪に
  8. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  9. 香里奈『嫌われる勇気』、視聴者総スカン
  10. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  11. ジャニーズ生写真売り上げ【12月】
  12. テレビとギャップありなジャニーズ
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. 評判の悪い“二世タレント”を実名暴露
  15. GENKING、元カレ質問で大失態
  16. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  17. 西内まりや、なぜ月9主演受けた?
  18. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  19. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  20. 松潤の飲尿プレイ疑惑にショック

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  2. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  3. ジャニーズ生写真売り上げ【12月】
  4. テレビとギャップありなジャニーズ
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ
  5. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告

海外ゴシップの人気記事

  1. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  4. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  5. カニエ、親族にゆすられていた