今井舞の「週刊ヒトコト斬り」

SMAP公開生謝罪の姿に見据えた、虚無の先に生き残るメンバーのこれから

――毒舌コラムニスト・今井舞が、話題のアノ人物やアノニュースをズバッとヒトコトで斬り捨てる!


ゴロちゃんはいつでもキラキラだもん!

◎アイドルのプロともとれる
 4人のスーツの下に、爆弾巻きつけられてたとしか思えなかった生謝罪。途中何回か、ちょっとキムタクの手元がボタン押しかけたように見えたが。

 あんなにほかのメンツが苦悶の表情を浮かべる中、普段と何ひとつ変わらない稲垣吾郎ってすごいな。何のサインも発してない。虚無がすごい。4人の中で一番飄々と長く生き残るの、意外と彼なんじゃないだろうか。野村義男的に。

◎開花した才能
 ベッキー&ゲス、後追いLINE報道。流行語大賞は「卒論」と「空中分解」の一騎打ちで決まりかと思われたが、「センテンス スプリング」が割って入るとは。表彰式は「週刊文春」(文藝春秋)編集長が出席するのかな。

 CMが次々打ち切りとなり、追い詰められるベッキーであるが。「二代目ルー大柴」襲名に活路を見いだすというのはありかもしれない。藪からスティック!

◎理由はゲームで夜更かし
 寝坊で遅刻し、お詫びとして、約100人いるスタッフ全員に高級弁当を差し入れすると明かした博多大吉。実質「3、4カ月ノーギャラ」になるという。4カ月として見積もると、週1レギュラーで16回出演。キー局で「高級」扱いされる弁当が大体5000円ということで割り出すと……。ノンストップの大吉の手取り、1回約3万円か。何だか生々しい。薄利多売でこれからも頑張れ!

mishuran.jpg

今井舞(いまい・まい)
週刊誌などを中心に活躍するライター。皮肉たっぷりの芸能人・テレビ批評が人気を集めている。著書に『女性タレント・ミシュラン』(情報センター出版局)、近著に『気になる「あそこ」見聞録』(新潮社)がある。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  4. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  5. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  6. 新春ジャニオタ放談
  7. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  8. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  9. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. ムショ飯はうまいのか?
  12. “もう終わった”イケメン俳優3人
  13. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  14. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  15. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  16. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  17. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  18. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  19. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  20. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー