今井舞の「週刊ヒトコト斬り」

連日健康ネタの『バイキング』、迷走を止めるためにフジテレビが今やるべきこと

baikingu.jpg
『バイキング』公式サイトより

――毒舌コラムニスト・今井舞が、話題のアノ人物やアノニュースをズバッとヒトコトで斬り捨てる!

◎フジ失墜の原因
 最近久々に『バイキング』(フジテレビ系)を見たら、毎日健康ネタで『ためしてガッテン!』(NHK)状態。迷走してんなぁ。だったらあんなギャラの高い芸人毎日押さえなくても。

 思えば、『笑っていいとも!』があった頃は、フジテレビのもと、大物タレントの心が束ねられていた感があった。何かあったらすぐ駆けつけますよ的な。それが今は、何かこう「心フジにあらず」てな感じだ。

 マンネリだの型通りだのお約束だのと言われた晩年の『笑っていいとも!』であるが。今思えば、あれはフジテレビの大事な「ルーティン」だったってことなんだろうな。いまさら覆水盆に返らずだが。お台場の社屋のあの丸い部分を2回転させてから、亀山社長が広間に出てきて、3歩後ろに歩き、2歩左に歩いて、手を合わせて拝んでから走って社屋に帰っていくという儀式を、アマタツの天気予報の後ろで毎日やってみてはどうか。結果は伴わないかもしれないが、社長の心の不安定さは取り除けるかもしれない。今のフジに一番必要なのはそこだから。

◎いろいろ“なかった”ことに
 TBSで放送された『芸能人本気バレエ!密着200日…白鳥の湖を踊りたい!世界最高峰の舞台に誰が?SP』。芸能人つっても、知名度ある方で八反安未果とえれなという。あーあ、黒木瞳の入魂の舞いが見たかったぜ。

 舞台本番には、えれなを見に来た妹の香里奈の姿もあったが。インタビューどころか、コメントすらなく、望遠で客席に座る姿を盗み撮りのように一瞬映すのみ。TBSで主演ドラマ放映中だというのに、この愛想のなさ。そっとしておいてあげてください。わかりました。自局の主演女優をハレモノ扱いか。だったら最初から据えるなって話である。

◎てんやもご参加ください
 「毎日一食、3カ月間牛丼を食べても健康に問題なし」という研究結果を発表した吉野家。すいません、信じられません。モーガン・スパーロックにもう一度同じ条件でやってもらわないことには。つーか、この話耳にした人は全員、吉野家のことよりも、映画『スーパーサイズ・ミー』思い浮かべちゃうよなぁ。

 伝家の宝刀で何とか年の瀬をやりすごそうとしているマクドナルドに対する、吉野家の婉曲なチキン竜田潰しということなのか。

 地味だけど、ボディブローで効いてきそうだな。

mishuran.jpg

今井舞(いまい・まい)
週刊誌などを中心に活躍するライター。皮肉たっぷりの芸能人・テレビ批評が人気を集めている。著書に『女性タレント・ミシュラン』(情報センター出版局)、近著に『気になる「あそこ」見聞録』(新潮社)がある。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  4. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  5. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  6. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  7. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  8. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  9. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  10. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  11. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  12. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  13. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  14. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  17. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  18. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  19. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  20. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  5. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー