仁科友里の「女のためのテレビ深読み週報」

紀里谷和明は、なぜ日本映画界から嫌われているのか? 「合理的」発言に見るメンタリティ

KazuakiKiriya.jpg
紀里谷和明公式FaceBookより

羨望、嫉妬、嫌悪、共感、慈愛――私たちの心のどこかを刺激する人気芸能人たち。ライター・仁科友里が、そんな芸能人の発言にくすぐられる“女心の深層”を暴きます。

<今回の芸能人>
「監督同士が集まると、ケンカするんじゃねえかという懸念がある」紀里谷和明
『ボクらの時代』(フジテレビ系、11月22日放送)

 『5時に夢中!』(TOKYO MX)から、『メレンゲの気持ち』(日本テレビ系)まで。映画監督・紀里谷和明がバラエティ番組に出まくっていると思ったら、新作映画『ラスト・ナイツ』の宣伝だった。紀里谷の監督デビュー作は2004年の『CASSHERN』だが、この作品は評論家から酷評の嵐を浴びた。

 『しくじり先生 俺みたいになるな!!』(テレビ朝日系)での本人の分析によると、原因は「日本映画界に嫌われたから」。1本も映画を撮ったことがないのに、インタビューで「映画監督として成功しているのは、異業種の人ばかり」「PV(撮影監督)時代のスタッフを全員連れていった(映画界のスタッフを使わなかった)」「助監督7人クビ」などと語り、従来の映画界のしきたりを完全に無視したようだ。そして興行的には成功を収めたものの、次回作が撮れないという苦境に立たされ、その後、ハリウッドから声がかかるも、08年のリーマンショックで資金難に陥り計画が頓挫するなど、『ラスト・ナイツ』に至るまでの道は平たんではなかったという。

 紀里谷は「日刊SPA!」で「作品はいわば僕の子供のようなもの」「親が嫌いだから、子供も嫌いと言われちゃうのはいやだ」と発言していたが、プロモーションとしてバラエティに積極的に出演することで、紀里谷本人のイメージを上げ、そこから映画に誘導する作戦を取っているように見える。

 が、人間はそんなに簡単に変わるものではない、ということが表れていたのが、11月22日放送の『ボクらの時代』(フジテレビ系)である。『Love Letter』の岩井俊二、『愛のむきだし』の園子温との鼎談で、話題は「コワい日本映画界の常識」に及ぶ。

 新人監督の言うことを技術スタッフが聞き入れないのは当たり前、スタッフの胸倉をつかんで言うことを聞かせることも珍しくなかったと、岩井は語る。紀里谷は「意味不明。それなら来るな」と怒りを露わにするが、岩井は「そこと戦えるかどうかは大事」、園は「当時は助監督が監督になるのが普通だったから、ぽっと出が監督やるっていっても、言うこと聞かないよね」と、相手に対して一定の理解も示した。

 それに対し、ハリウッドは非常に“合理的”で、役者はもちろん、カメラマンといったスタッフも全員オーディションがあり、結果を出せなければ、彼らもどんどんクビを切られる。その分、彼らは変な足の引っ張り合いをしないそうで、ハリウッドは「プロ意識の高い世界」と紀里谷は解説する。

『CASSHERN』を酷評したのは評論家だけじゃなくない?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  4. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. ムショ飯はうまいのか?
  9. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  10. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  11. “もう終わった”イケメン俳優3人
  12. “消えたAKB48”河西智美は今
  13. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  14. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  15. 新春ジャニオタ放談
  16. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  17. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  18. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  19. 若い男を恋愛対象にするのをやめたい
  20. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  3. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 他人の記事をパクるのはこんな人
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー