芸能ニュース、ジャニーズ、嵐の最新情報やタブーを配信するサイゾーウーマン

今井舞の「週刊ヒトコト斬り」

【関連ワード】

週刊ヒトコト斬り

yamamototaro-hp.jpg
山本太郎公式サイトより

――毒舌コラムニスト・今井舞が、話題のアノ人物やアノニュースをズバッとヒトコトで斬り捨てる!

◎悲しき『元テレ』出身者
 ダラダラと休んでばかりで、採決に至るまでがなんだかよくわからなかった安保法案。これなら懐かしの牛歩戦術の方がよかったな。いろんな議員の十人十色の舞が見たかった。田中泯みたいな動きでひとつ。

 と思ってたら「ひとり喪服で牛歩戦術」をひねり出して来た山本太郎。偉いおじさんに「ハウス」と言われてすぐ進んでたが。採決直前、最後に討論してたのが彼だったってとこが、日本の政治のまぬけさを一番雄弁に物語っていると思う。しかも1時間弱。しゃべれどもしゃべれども。「何でもいいから山本太郎の話よ終われ」という空気が、日本の歴史を変えたのかもしれん。山本太郎が日本のターニングポイントになったのか。

◎稀に見る役者ぞろい
 「安保劇場」の役者たちはほかにも。ピンクのハチマキ姿でもみくちゃになり「セクハラよッ!」と叫ぶ女性議員は、コント番組なき今、久々に国民に笑顔をもたらしてくれた。あそこに武藤貴也も混じってくれてたら満点だったのに。

 スプラッシュをかけてきた野党議員を、げんこつ一コで瞬殺した佐藤元防衛政務官も、さすが武闘派の感しきり。お茶の間で生であの技。プロレス全盛期の空気を感じた。

 あと、反対デモで演説しちゃってた石田純一。「戦争は文化じゃない」と純一ジョーク炸裂で、気分良さそうだったけど、大丈夫か。思想をつまびらかにしたとかそういうことではなく、安保法案について本当に理解してんのかって意味で。大丈夫か。

 そして劇場の主役は、何といっても鴻池祥肇委員長だ。あの体の小ささはよかった。衛視や議員や記者に囲まれるたび、埋没し見えなくなるという状況は、ワーッと議員が乱闘状態になるクライマックスにおいて、瞬時に緊迫感を失わせる効果が。「鴻池また見えねぇ」で、重要な政局がもうコントの「お約束」にしか映らない。争う議員たちの足元から、ハイハイして出てきてたらパーフェクトだった。

 賛成VS反対で国が二分したかのような報道ばかりだったが。単なる物見遊山で見ていた国民も多い気が。どっちにもいまだ説得してもらえず。誰か説得してくれ。

◎嵐・大野にTOKIO・国分も
 本来なら国の一大事のはずなのに、今回の安保局面は「それどころじゃなくなる」という未曾有の事象が併発しまくりだったのも印象的。本当に、洪水に噴火に津波に、JR放火犯逮捕だの少年Aだのペルー人6人殺しだの。こんなに重なるかってくらいのミルフィーユ状態。マスコミ大忙し。

 ま、少年Aに関しては、舞い上がってるの「週刊文春」(文藝春秋)と「週刊新潮」(新潮社)だけで、他社はもちろん国民もシラーッ。あれ、誰かが焚きつけてこの時期に手紙書かせたんじゃないだろうな。

 逆に、本当にてんてこ舞いだったのは気象庁だろう。一1週間に何度緊急会見開いてたんだ。いつも出て来てたあの角刈りの人、見るたび髪が伸びてた。床屋行く暇もなかったんだろうな、きっと。

 そして、ペルー人による連続殺人事件。何がどうしてああなったんだか、余人には何もわからないまま暴力がエスカレートする感じが、映画『フォーリング・ダウン』を思い出す。あの話も「ただ帰りたい」から始まったんだよな。安保法案より、こっちの方がなんか日本のあり方についてしんみり考えちゃったな。

 容疑者がバッチリ映ったあの映像を視聴者に提供してもらったのが、日本テレビであったというのが、何より今の好調さを物語ってると思う。

 とまとめて終わろうとしたら、たった今(18日朝方)、「容疑者の兄は30人以上殺したシリアルキラーとペルーで報道」というニュースが。本当か。ますます安保法案どころじゃなくなってきた。

 以上、安保雑感まとめ。


mishuran.jpg
今井舞(いまい・まい)
週刊誌などを中心に活躍するライター。皮肉たっぷりの芸能人・テレビ批評が人気を集めている。著書に『女性タレント・ミシュラン』(情報センター出版局)、近著に『気になる「あそこ」見聞録』(新潮社)がある。

オンナの[裏]掲示板 新着コメント
    関連リンク

    サイゾーウーマンはジャニーズ(嵐、関ジャニ∞、Kis-My-Ft2、Hey! Say! JUMP、SMAP、KAT-TUNなど)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューや人気連載陣によるコラムなども充実!