デビューから半年なのに

GENKING、オネエ勢から“共演NG”殺到!? 「消えそうなタレントNO.1」のうわさ

2015genking.jpg
『GENKING STYLE』(双葉社)

 「やーよ」のキャッチフレーズでお馴染みのマルチタレント・GENKINGが、早くも「消えそうなタレントNO.1」とテレビ局関係者の間でささやかれているという。「ニューキャマタン」という肩書で、いまやバラエティ番組には必須の存在であるおネエタレントとは、また違う人気を獲得しつつあるGENKINGに、一体何が起こっているのだろうか?

 画像投稿サイト・Instagramに掲載された写真が「謎の美男子」として話題を呼んだGENKING。今年3月に放送された『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)でテレビ初出演を飾ると、その直後からオファーが相次ぐようになり、夏前には月に30本以上のテレビ出演を行っていると報じられた。また自ら存在を明かしていた「イケメン芸能人の元カレ」が人気ヘアメイクアーティストの“おぐねー”こと小椋ケンイチ氏だったことも話題をかっさらったが……。

「近頃本人は『オネエ扱いされるのがイヤ』と、番組での扱いや演出にケチをつけるようになったんです。これに怒り心頭なのが、テレビ局関係者ではなく、ほかのオネエタレント勢で、『アイツとは共演NG!』という声も出始めているとか」(テレビ局ディレクター)

 マツコ・デラックスやミッツ・マングローブ、はるな愛などテレビを席巻するオネエタレントは多数存在するが、「彼らは、自分のセクシャリティをどう考えているのかは別として、“おネエ枠”があるからこそテレビから呼ばれていることを十分に理解しています。マツコはレギュラー出演する『5時に夢中!』(TOKYO MX)で自らを『電波芸者』として、『おまんま食べてるんだから、(テレビ側の)言うこと聞くのは当然じゃない』と自らの立ち位置を語ったことが話題になりましたが、GENKINGはそれに反旗を翻したわけです」(同)という。

 この生き馬の目を抜くオネエ枠に、鳴り物入りで飛び込んできたGENKING。先輩たちから目をつけられるとともに、「オネエ扱いするな」発言は怒りを買ってしまったようだ。

「すでに3人の大物オネエタレントから、『共演NG』が通達されています。過去には、『温泉では、友達の女の子と一緒に女風呂に入る』などと発言し、視聴者から疑問の声が殺到するような事態もあり、『使いづらい』とこぼすプロデューサーも出てきています。このままいけば、少なくともテレビ業界に居場所がなくなってしまうのは時間の問題でしょう」(同)

 テレビデビューからわずか半年でジリ貧状態のGENKINGだが、今後も自らのスタンスを貫くのだろうか? 「一方的に“オネエ枠”でくくりたがるメディアに一石を投じる行為は、今までなかった。GENKINGの存在や言動は、セクシャルマイノリティへの理解につながると思う」(芸能記者)という声もあるが、今後の本人の言動、さらにテレビ業界の判断にも注目が集まる。

テレビの世界は虚像でしかないよね~

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク