早速非難の嵐

『デスノート』初回16.9%で連ドラ最高視聴率も、L役・山崎賢人が「とにかくひどい」!?

150706deathnote.jpg
『デスノート』(日本テレビ系)公式サイトより

 窪田正孝が主演を務めるドラマ『デスノート』(日本テレビ系)が7月5日に初回を迎え、視聴率は16.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)の高視聴率を獲得したことがわかった。今年の民放連続ドラマの初回視聴率では、SMAP・木村拓哉主演『アイムホーム』の16.7%を上回り今年最高を記録したが、名探偵・L役の山崎賢人について「とにかくひどい」という声や、ドラマ仕様に変更された設定について厳しい意見が寄せられている。

 原作・大場つぐみ&漫画・小畑健による人気マンガ『デスノート』(集英社)は、2006年に公開された映画が大ヒット。映画で藤原竜也が演じた主人公・夜神月は窪田が、松山ケンイチを一躍有名にしたライバル役のLを山崎が演じている。放送は4月から新設された日曜午後10時30分~11時25分の枠で、EXILE・TAKAHIROが主演の『ワイルド・ヒーローズ』の初回9.7%から大きく上昇した。

「同作は、名前を書いた人間を死に至らしめる『デスノート』を手にした月を、Lが追い詰めていくというストーリー。“天才VS天才”の対決が見ものでしたが、ドラマ版では月が『どこにでもいるような大学生』という設定に変更されました。また、初回放送後は“ミサミサ”こと弥海砂(佐野ひなこ)が所属するアイドルグループのファンという設定も明らかになり、原作ファンは大困惑。同じく実写版で昨秋放送の関ジャニ∞・丸山隆平『地獄先生ぬ~べ~』(同)は初回後に“縦読み”コメントで『ごみどらま』と書かれるなど酷評されていただけに、『ぬ~べ~の二の舞か』と予想されていました」(芸能ライター)

 そんな中、30分拡大で放送された初回について、視聴者からはさまざまなコメントが上がっている。映画版のLはお菓子好きで奇行を繰り返すキャラクターだったが、今作では「クールな天才」に変更。それもあってL役の山崎には厳しいコメントも上がり、「Lがコスプレ感満載で笑った」「ドラマのLは単なるナルシスト」「演技がヘタすぎて変人さと知性が感じられない」と、散々な言われよう。あらためて映画版での松山の演技を評価する声が続出している。

「ほかにも、ドラマに対して『全体的にチープ』という批判的な声が上がっているものの、『期待してなかったけど意外と面白かった』『なんだかんだ来週も見る』という声もあり、『ぬ~べ~』ほどの大不評は受けていないようです。公式サイトの掲示板も批判は弾かれているのか“縦読み”は目立ちませんが、サイトでは『原作の面白さはそのままに、“原作通りにはいかないストーリー展開”』と謳っているだけに、今後の展開によっては大炎上に発展する可能性もあるのでは」(同)

 とはいえ、初回は今年の民放連ドラの中で最高視聴率をマークした『デスノート』。視聴者からは今回の高視聴率について「初回が最高視聴率で終わりそう」とのコメントも見られるが、このまま2ケタをキープできるだろうか? 日テレでは11日から土曜9時枠で松山主演の『ど根性ガエル』が待機しており、ネット上では『デスノート』の好発進を受けて、「『ど根性ガエル』も当たりそう」という声も。2作の視聴率に注目していきたい。

山﨑くんはイケメン青春モノだけ演じてくれたらいいの

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク